ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

静かに助けを求められる小型防犯ガジェット「Revolar」が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

想像してみてほしい。不審者に付きまとわれたり、行く手に凶暴そうな人が立ちはだかったりしたとき、あなたはどうやって身の安全を確保するだろうか。

大きな声で周りの人に助けを求めたり、携帯電話で110番したりというのがまず考えられる。だが、時としてそうした行動は相手を刺激してしまう可能性がある。

そこで、相手に感知されないまま静かに助けを求められないか、という視点で開発中なのが「Revolar」。ボタンを押すだけで、登録した人に連絡が届くようになっている。

・登録した人にSOS発信

Revolarはユーザーのスマートフォンと連携させて使う。専用アプリで連絡先を登録しておけば、身の危険を感じた時、Revolarのボタンを押すだけで、危険にさらされていることを登録した人に通知できる。

もちろん、GPS機能があるので居場所も発信され、通知を受けた人は現場に駆けつけられるというわけだ。ボタンを押した後に身の安全が確保できたら、ユーザーは緊急モードを解除できる。

・手の届くところに

Revolarは2.5センチ四方とかなり小型なので、ポケットにしのばせたり、またはひもを通す部分があるのでキーホルダーにつけたり、クリップでシャツにとめたりすることが可能だ。

できる限りさっと手をのばしやすいところに持っておくと、万が一のときに、自然な形ですぐに助けを求められる。

このガジェットは、米国在住の開発者の妹が、2回も身の危険にさらされた経験が開発背景にある。身の安全をいかに確保するかというのは、大人も子供も関係ない時代になっている。このガジェットも選択肢の一つとして検討する価値はあるだろう。

現在、資金調達サイトKickstarterで出資を募集中で、今なら50ドルで入手できる。海外発送にも対応する。キャンペーンは5月9日までとなっている。

Revolar/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP