体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

服を着なくても服が着られる!? 『ウェアラブルクロージング バイ アーバンリサーチ』でバーチャル試着してみた

IMG_9930

カメラアプリなど、ARを使ったサービスが昨今話題を呼んでいます。そのARコンテンツに使われるデバイスのうちの1つ、『Kinect(キネクト)』を使った、3D技術によるバーチャルフィッティング端末『ウェアラブルクロージング バイ アーバンリサーチ』が4月1日から東京ソラマチのイーストヤード2階に設置されています。昨年6月に発表されてから改良を重ね、新たに男性服が試着できるようになったり、細やかな生地の表現を再現できるようにしたのだそうです。

ARサービスとはいえ、実際に使用してみると誤作動でうまく反応せず、残念な思いを経験したことが筆者には度々あります。ましてや“試着”となると、人の体はそれぞれ大きさや形が違うし、ハードルが高いのではないでしょうか? 試着ともなるとやはり体験して、商品を買いたくなるか否かも気になるところです。『ウェアラブルクロージング バイ アーバンリサーチ』を実際に体験してみました。

アパレルメーカーによるバーチャル試着端末

IMG_9934

“アーバンリサーチ”は、レディース、メンズともにミリタリーを基調としたラインを打ち出すブランド。他のメーカーよりEコマースで買い物をする顧客の割合が高く、ネット通販に連動した端末をこれからも充実させていくそう。シニアマネージャーの齊藤さんに『ウェアラブルクロージング バイ アーバンリサーチ』について話をききました。

「アーバンリサーチの社員とエンジニアの方と共同で開発したところが大きなポイントです。水着などの試着の難しい商品はすぐに着たときの印象がわかり、とても便利。普通の業者さんではできない、試着の際の販売員の意見やアイデアもたくさんつまっているんです。小さな店舗でもショッピングや試着が楽しめるよう、デバイス自体の販売も考えています」

ソラカラちゃんと一緒にいざ、未知のフィッティングルームへ!

IMG_9936

東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんとのコラボレーションということで、商品にはソラカラちゃんの姿が。

IMG_9937

「WHATS UP TOKYO」のロゴとともにスカイツリーのてっぺんから街を見下ろすソラカラちゃんがとってもキュートなトートバッグです。

ウェアラブルクロージング バイ アーバンリサーチ(YouTube)
http://youtu.be/haAy-lja0Lk

端末に入っている商品は3階のアーバンリサーチの店頭で実際に売っているそう。実際に体験してみると、思っていた以上に試着したときの印象や生地の質感が把握できます。また、前からだけでなく横からの姿も確認できたり、腕をあげたときの脇のボリュームがわかるなど細やかな気遣いも。試着中に色違いも試してみたいな~というときも、手元のモニタにタッチするだけで試着できるので、店員さんにわざわざもってきてもらって、着替える手間もない点は便利。

1 2次のページ
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。