ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活に「脱リクルートスーツ」の動き加速 大手企業は服装に「自分らしさ」を期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「リクルートスーツは黒系にすべし」というビジネス誌の呼びかけに、ネットで「古い」と反発が殺到するなど、就活生の服装に対する意識に変化が起きている。ソニーや全日空など、没個性的なダークスーツをやめて私服で採用面接を行う大手企業も増えている。

2015年3月31日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、就職情報サイトのマイナビと、ファッション・アプリを運営するヴァシリーが「私服面接コーディネート相談会」を共同開催したことを伝えた。

マイナビの長谷川由佳さんは、「面接には私服で来ていただけるとより人間性が見える」と説明し、同社の羽田啓一郎さんも学生たちにこう語った。

「スーツの学生が結構いらっしゃるんですが、わりと採用担当者は、がっかりしています。何がいい悪いではなく、みなさん自身がどう見せたいのかです」

新たに「上品さ」「センスのよさ」も問われる

採用企業側は、面接時期が夏になることに加え、学生の人柄がより表れるとして私服面接を実施しているという。ヴァシリー「アイコン(iQON)マガジン」の澄川恭子編集長によると、企業が重視するのは、1.上品さ、2.センスのよさ、3.自分らしさが服装に表れているか、だそうだ。

肌の露出を抑えたシンプルできれいめの白の単色や、2色のコーディネートが歓迎されるという。相談会に参加した女子学生は「私服面接」への挑戦に意欲を見せた。

「私服面接を怖がるというより楽しめると思うので、参加して良かった」
「自分でも納得するようなファッションだなと思って。これを着ていけば面接もバッチリだと思います」

マイナビの担当・羽田啓一郎さんは、「元気の良さか真面目さをアピールするのかによってコーディネートの仕方も変わってくる。自分が何をPRしたいのかを考えて、それが生きるようなコーディネートをして欲しい」と助言した。

こうした指南を受ける以上、リクルートスーツと同じで画一的になりがちではと思いきや、アピール材料として個性を打ち出せるチャンスでもあるようだ。

この説明会に参加したのは全員女子学生だったが、男子学生向けにも同様の指南ビジネスが生まれそうだ。画一的な息苦しさは減るものの、別の意味で「ハードルが上がったな」と嘆く人もいるのではないか。(ライター:okei)

あわせてよみたい:「リクルートスーツは黒系を選べ」に批判殺到
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP