ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビョークのライヴ音源フルで録って出し! フリーDL! しかもFLACもある!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リークなどで、てんやわんやの『Vulnicura』緊急リリース。さらには強烈なCDジャケットなどでも話題を振りまくビョーク。

このたび、3月25日(水)にNYで行われたライヴをなんと直後、現地時間の3月26日にフリーで公開した。

今回公開されたのは3月25日に〈New York’s City Center Theater〉にてVulnicura tourの公演として行われたものだ。参加メンバーは、今回のアルバムを共同プロデュースしたArca、そしてソロ・アルバムをリリースするパーカッショニスト、Manu Delago、そして15人のストリングス”Alarm Will Sound”という編成。

ライヴ前半では『Vulnicura』を主に、後半は旧作からの音源も含めて展開されている。

今回公開されたのは”NYCTaper”というライヴ音源アーカイヴ・サイトで、MP3に加えてFLAC形式での公開となっている。”NYCTaper”での公開は2012年の『Biophilia』ツアー時以来2度目となる。

FLACはご存知の通りロスレスの可逆圧縮形式。今回公開されているファイルは16bit / 44.1kHzのFLACということでデータ形式だけを見れば、CDと同等の音質というわけだ(なお録音機材などについては”NYCTaper”サイト上で公開されているので詳しく知りたい人はそちらを)。

FLACはWindowsでは、foobar2000、MacではVoxなどのフリー・アプリケーションで再生可能。iTunesで管理・再生したいという人は、FLAC2iTunes(Win)やXrecodⅡ(Mac)、XLD(Mac)といったフリー・ソフトでALACやWAVに変換すればいい。

ダウンロードは下記サイトより。
(河村)

・”NYCTaper”ビョーク最新ライヴ音源のページ
http://www.nyctaper.com/2015/03/bjork-march-25-2015-city-center-flacmp3streaming

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP