ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座に「観世能楽堂」ができます!銀座の再開発プロジェクトで新たな文化拠点に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

銀座の松坂屋デパート跡地で、銀座エリア最大級の再開発プロジェクトが進んでいます。その名も『銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業』プロジェクト

「Life At Its Best〜最高に満たされた暮らし〜」をコンセプトに、松坂屋銀座店の跡地を中心とした1.4haの街区に、東京を代表する国際的な商業・オフィス・観光拠点が出現します。

このプロジェクトで特に注目されているのが地階にできる『観世能楽堂』。新たな文化拠点として、ここから日本の最高の芸術を世界に発信します。

能楽は、古くは奈良の興福寺や春日大社などの神事に由来し、室町時代に観阿弥・世阿弥親子が現在の能楽の形に大成しました。そして以後、室町幕府の将軍達、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らにも重んじられてきました。

現在は、能の五大流派といわれる『観世(かんぜ)流』『金春(こんぱる)流』『宝生(ほうしょう)流』『金剛(こんごう)流』『喜多(きた)流』のほかに、能の三役(ワキ方、囃子方、狂言方)といわれる十九の流派があります。

観阿弥・世阿弥父子の世阿弥は、現実の人間のみが登場する『現代能』に対し、霊的な存在を主人公とした『夢幻能』という独特のスタイルを確立しました。世阿弥が著した『風姿花伝(ふうしかでん)』は、日本美学の古典として、600年を経た現代も世界の芸術家達に感銘を与え続けています。

よく知られている世阿弥の言葉です。

「初心忘るべからず」 … 若い時に失敗や苦労した結果身につけた芸は、常に忘れてはならない。

「秘すれば花」 … 誰も知らない秘密の芸を持ち、いざという時の技にする。

『無』の空間からドラマが生まれ、それがまた『無』に戻り、鎮まるのが能の哲学。これは『禅』の精神にも共通するものです。

国立能楽堂では、初心者向けの能のワークショップも行われています。そして全国で謡(うたい)や仕舞(しまい)などのお稽古も開催しています。

銀座に新しい『観世能楽堂』が完成する前に、能に親しんでおくのもいいですね。

関連記事リンク(外部サイト)

クジラと共に生きる太地町の夏
うどんだけじゃない!香川県の歴史が詰まった2大パワースポット
なんと!世界遺産 平等院鳳凰堂に昭和の職人さんの落書きを発見!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP