ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鍵をなくす心配なし!生体認証でアンロックする錠「iFingerlock」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく鍵をなくして困る……という人には、指1つで解錠できる「iFingerlock」はいかがだろう。指紋を使って生体認証で解錠する、南京錠タイプの鍵だ。

・センサーが指紋を読み取り

「iFingerlock」には、半導体センサーが搭載されており、ユーザーは錠の上で指をスライドさせて読み取りをおこなう。すると、あらかじめ登録しておいた指紋情報とマッチングするか検出し、合致すれば解錠されるという仕組み。

・最大10の指紋情報を登録可能

最大10の指紋情報を登録しておくことができるので、家族や友人にスペアキーをつくって配布する手間もお金も不要となる。コンピューターを経由せずに、登録情報の追加や削除ができるので便利。

この錠は単4電池で動作する。万一、電池切れになった場合にも、登録した指紋情報は保持されるので安心だ。電池が残り少なくなってくると、アラートを出してくれるのもありがたい。使用期間の目安としてはおよそ10ヶ月程度。電池で動作するタイプのため、インドアで使うのが望ましいだろう。

・Amazonで販売中

「iFingerlock」はAmazonで購入することが可能なので、気軽に入手できそうだ。現在、セール価格で114.99ドルで販売中。鍵を紛失したり、誰かに盗まれたりする心配はなくなり、高度なセキュリティを保てる。

鍵をすぐになくしてしまったり、どこかへ置き忘れてしまったりしがちな人は、このスマートな「iFingerlock」を導入してみては。

iFingerlock

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP