体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<在日外交官のお宅拝見>粗大ゴミすらアートに!フランス流インテリア

<在日外交官のお宅拝見>粗大ゴミすらアートに!フランス流インテリア(写真撮影:藤本和成)

外交官と言えば、自国だけでなく諸外国での生活経験も豊富。さまざまな住文化に触れた人が日本では、どのようなインテリアや暮らしをしているのだろう。日本に在住する外交官のお宅を訪ねてみる事にした。『C’est la vie(これが人生)』フランス人の住まいへのこだわり!

取材させていただいたのは、フランス大使館で経済関係をご担当のPascal Furth(パスカル・フュルス)さん。
日本でのお住まいは東京都品川区のマンション、外国人用では無いが3LDKで177m2とナカナカ普通では無い物件(お一人住まいというので、尚更ビックリ!)

「ここに決めるまでに、30物件以上見学しましたよ」と、自分の足で住まい探しをしたと教えてくれたPascalさん。大使館が用意してくれるものだと思っていた私が驚くと…
「私にとって家は本当にリラックスできる場であることが、生活そして人生にとって大変重要。住まい探しは人任せにしませんし、妥協もしません」

【画像1】多国籍の家具とアートがPascalさんの感性で調和した、リビングルームでお話を伺う。80m2もの広いガーデンバルコニーに面しているので、都心の1階なのに明るく開放的(写真撮影:藤本和成)

【画像1】多国籍の家具とアートがPascalさんの感性で調和した、リビングルームでお話を伺う。80m2もの広いガーデンバルコニーに面しているので、都心の1階なのに明るく開放的(写真撮影:藤本和成)

【画像2】こちらのお住まいは3年目。今まで本国フランス以外に、タイのバンコクに6年、香港に4年赴任。日本では学生時代を博多で、大阪の領事館も経験しているアジア通のPascal Furthさん(45歳)(写真撮影:藤本和成)

【画像2】こちらのお住まいは3年目。今まで本国フランス以外に、タイのバンコクに6年、香港に4年赴任。日本では学生時代を博多で、大阪の領事館も経験しているアジア通のPascal Furthさん(45歳)(写真撮影:藤本和成)人を招く事が前提、外交官のオン/オフ・ライフ

住まい選びの際、建物は近代的でも伝統的(古民家など)でも良かったらしく
こだわった条件は天井が高い事、リビングが広い事、そしてキッチンは、仕事関係者との食事会を自宅でする事もあり、オープン型でなく独立型を希望。

【画像3】この玄関を入った瞬間に気に入ったという、リビングへ続く廊下。奥のガーデンから光が差し込む。 アジアン・アートの中に床に置かれた和太鼓発見。ナント昔、粗大ゴミで見つけたものらしい!(写真撮影:藤本和成)

【画像3】この玄関を入った瞬間に気に入ったという、リビングへ続く廊下。奥のガーデンから光が差し込む。
アジアン・アートの中に床に置かれた和太鼓発見。ナント昔、粗大ゴミで見つけたものらしい!(写真撮影:藤本和成)

一番難しかったのは「欧米では当たり前の、ベッドルームにバストイレが付いている物件が少ない。知人を泊める事も多いので、2バスルームは必要なのです」
確かにトイレ2つ物件は多いが、バス2つは二世帯住宅くらいなのが日本の住宅事情。このお宅はメインのバスルームと、15畳のベッドルームにバス・トイレが付いていて合格。学びたい!カラーコーディネートとインテリアテクニック

Pascalさんのインテリア・デコレーションのセンスの良さに、何か参考にしている雑誌でもあるのか尋ねたら
「特に無いですが、家具屋やギャラリーを見て回るのが好きですね」と、旅先や赴任地で見つけた小物の国籍を次々と教えてくれた。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。