ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

<在日外交官のお宅拝見>粗大ゴミすらアートに!フランス流インテリア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外交官と言えば、自国だけでなく諸外国での生活経験も豊富。さまざまな住文化に触れた人が日本では、どのようなインテリアや暮らしをしているのだろう。日本に在住する外交官のお宅を訪ねてみる事にした。『C’est la vie(これが人生)』フランス人の住まいへのこだわり!

取材させていただいたのは、フランス大使館で経済関係をご担当のPascal Furth(パスカル・フュルス)さん。
日本でのお住まいは東京都品川区のマンション、外国人用では無いが3LDKで177m2とナカナカ普通では無い物件(お一人住まいというので、尚更ビックリ!)

「ここに決めるまでに、30物件以上見学しましたよ」と、自分の足で住まい探しをしたと教えてくれたPascalさん。大使館が用意してくれるものだと思っていた私が驚くと…
「私にとって家は本当にリラックスできる場であることが、生活そして人生にとって大変重要。住まい探しは人任せにしませんし、妥協もしません」

【画像1】多国籍の家具とアートがPascalさんの感性で調和した、リビングルームでお話を伺う。80m2もの広いガーデンバルコニーに面しているので、都心の1階なのに明るく開放的(写真撮影:藤本和成)

【画像2】こちらのお住まいは3年目。今まで本国フランス以外に、タイのバンコクに6年、香港に4年赴任。日本では学生時代を博多で、大阪の領事館も経験しているアジア通のPascal Furthさん(45歳)(写真撮影:藤本和成)人を招く事が前提、外交官のオン/オフ・ライフ

住まい選びの際、建物は近代的でも伝統的(古民家など)でも良かったらしく
こだわった条件は天井が高い事、リビングが広い事、そしてキッチンは、仕事関係者との食事会を自宅でする事もあり、オープン型でなく独立型を希望。

【画像3】この玄関を入った瞬間に気に入ったという、リビングへ続く廊下。奥のガーデンから光が差し込む。
アジアン・アートの中に床に置かれた和太鼓発見。ナント昔、粗大ゴミで見つけたものらしい!(写真撮影:藤本和成)

一番難しかったのは「欧米では当たり前の、ベッドルームにバストイレが付いている物件が少ない。知人を泊める事も多いので、2バスルームは必要なのです」
確かにトイレ2つ物件は多いが、バス2つは二世帯住宅くらいなのが日本の住宅事情。このお宅はメインのバスルームと、15畳のベッドルームにバス・トイレが付いていて合格。学びたい!カラーコーディネートとインテリアテクニック

Pascalさんのインテリア・デコレーションのセンスの良さに、何か参考にしている雑誌でもあるのか尋ねたら
「特に無いですが、家具屋やギャラリーを見て回るのが好きですね」と、旅先や赴任地で見つけた小物の国籍を次々と教えてくれた。

それぞれ国や時代が違う物を巧くコーディネートする術は、「いくつか色を決める事」。
Pascalさんのインテリアテクニッックを教えてもらった。

【画像4】赤と黒をテーマカラーにしたシーン。窓際にタイや日本の小物、手前には同じく赤が入ったドイツのスツール。色によって生まれる統一感(写真撮影:藤本和成)

【画像5】タイの仏具・食器に合わせ和漆器の黒いお椀も並ぶ。手前の壷はイッセイ・ミヤケのデザイン、版画や本も赤×黒でそろえる(写真撮影:藤本和成)

【画像6】こちらは客室、オレンジ&ブルー&ブラック。このスクリーンはIKEAで買い、自分で切ってサイズ合わせしたそう。DIYもお手の物!(写真撮影:藤本和成)

【画像7】コンソールテーブルを窓に沿って置かず、敢えて斜めに置く。それだけで、子どもの勉強机風でなくオシャレなホテル風に、流石!なテクニック(写真撮影:藤本和成)マルチ・カルチャーを楽しむのもフランス流

メインベッドルームの窓には日本の簾(すだれ)、その前に並ぶのは東南アジアの仏像アート。衣装箱は黒塗りのアンティーク、こちらも多国籍なインテリア。
「この衣装箱、これも日本の粗大ゴミ。すごいでしょ(笑)」立派な塗りの箱、内側には古い漢文と刻印が…本当に侮れない、日本のゴミ!

【画像8】グレーをメインにしたナチュラルカラーの寝室は、和洋折衷でも落ち着いた空間に(写真撮影:藤本和成)

Pascalさんが特に好きなのは「日常的な道具。美しい形のものが多いのです」と、焼き物の棚を紹介してくれた。

【画像9】リビングルームのオープンシェルフには素焼きのポット類が並ぶ。
「タイの家庭で実際に使われていたポット、すすけている所が良いでしょ」
中に混ぜて日本の陶器も置く、マルチ・カルチャー・ミックスがフランス人らしい(写真撮影:藤本和成)

【画像10】80m2ほどあるガーデンテラス。モダンなアウトドア・ファニチャーの側には日本の火鉢や下駄、フランス人のesprit(エスプリ・知性/感性)を感じた(写真撮影:藤本和成)

お宅を拝見して思ったのは、フランスは移民を受け入れた多民族国家なので、他文化を受け入れる感性が日本人より豊かなのかも知れないと。そして、他文化を愉しむのは、自国の文化を理解しているからこそできる事。
Pascalさんの育ったフランスの実家は「コテコテのクラッシック家具(笑)お城にありそうなロココ調の猫足とか装飾系」フランス伝統のインテリアで育ったから、他文化への興味関心も高まった。
私たち日本人はもう少し和の伝統様式を見直さなければと反省…まずは、粗大ゴミチェックかな?!
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/03/20/79914/

【住まいに関する関連記事】シンプルなインテリアは、アイデア次第でどんな風にも使えて便利
見えないところもスッキリ!無印良品アドバイザーの収納テクニック
毎日のストレスを解消! ちょっとした工夫で洗濯機まわりをスッキリ便利に
食べられるインテリア、生ハム原木がつくる食のコミュニケーション
かわいいインテリアが簡単につくれる、人気の『羊毛フェルト』とは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP