体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

虫歯ゼロに!?磨き残しをピンポイントで教えてくれるスマート歯ブラシ「LifeBrush」

LifeBrush

子どもから大人まで、お口の健康には歯磨きが欠かせない。だが、毎日歯磨きしているのに虫歯ができてしまった…という経験はないだろうか。

おそらくそれは、磨き残しがあったから。このほど資金調達サイトIndiegogoに登場した「LifeBrush」は、そんな磨き残しをチェックしてくれるスマートな歯ブラシだ。

・モーションセンサーを内蔵

「LifeBrush」は、歯磨きをより効果的にしようと、米国ミシガン在住の歯科医が開発した。動きを感知するセンサーを内蔵していて、口の中のどの部分をどれくらいよく磨いたか、あるいはどの部分を磨いていないのかを感知する。

LifeBrush2

そうした情報はBluetoothで、連携するスマートフォンのアプリに送られる。歯磨きはアプリに記録され、ユーザーはアプリでどの部分の磨きが足りないかをチェックできる仕組み。そして、磨き残し部分をきれいにすることで、虫歯を予防できるというわけだ。

・体温測定の機能も

もう1つ、LifeBrushには口の中の温度を測定する機能もある。歯磨きのついでに発熱の兆候をとらえることができ、「子どもの健康管理に役立てられる」としている。

現在、Indiegogoでは、LifeBrushとスペアのブラシヘッドのセットが119ドルの出資で入手できる(米国外への発送はプラス15ドル)。

119ドルというと、なかなかのお値段。しかし、これで虫歯を予防でき、痛い思いをしないですむとなれば、払う価値はあるのかもしれない。

キャンペーンは4月13日まで。

LifeBrush/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。