体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本なのに日本じゃないみたい!憧れの上高地に行ってみた(旅ライター: 相澤マイコ)

Summer Season

行ってみてよかった場所というのはいろいろありますが、特におすすめだと思ったのが上高地です。

長野県西部、松本市に位置する上高地は、北アルプスの穂高連峰と、その谷間から流れてくる梓川(あずさがわ)に沿った平地です。

20130629_0578

日本の中でも標高約1500mに位置する平地はここだけなんだとか。河童橋から北アルプスを望めばだれでもこんな絶景写真が取れます。

20130630_0103

梓川の水は透明度が高く、離れてみると鮮やかなアクアブルーをしています。

“神様が降りた池” 梓川上流コース・明神エリア

20130629_0774

梓川の上流を歩いて1時間ほどで明神エリアへ。ここには穂高神社奥宮と、神が降りたという明神池があります。

20130629_0768

1時間と書くと簡単そうですがアップダウンもあり、運動不足の人はキツイかも。森のなかの小さな橋などを渡りながら歩きます。

20130629_0836

もともと上高地は『神垣内』と書き、その昔、穂高命という神が降り立ったから、というのが由来だそう。その神をお祀りするのが穂高神社です。

20130629_0792

穂高神社奥宮のシンボルである明神池は、『鏡池』の別名の通り、あたりの景色が映りこみます。パワースポットとしても人気です。拝観料が別途必要です。

“変化に富んだ絶景” 梓川下流コース 大正池エリア

20130630_0222

上流とはまた違った散策が楽しめるのが下流のコース。大正池エリアに向かいます。比較的平坦で歩きやすいので、体力に自信がない人や、時間がない人にもオススメ。

20130630_0246

レンゲツツジやニッコウキスゲなどの花々に出会えました。下流側は変化に富んだ眺めが楽しいです。

20130630_0126
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。