ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年の国内スマートフォン出荷シェア、富士通が前年4位からランク外に転落

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan が国内における 2014 年 Q4(10 月 ~ 12 月)と 2014 年通期の携帯・スマートフォン出荷台数の統計データを公開しました。全体とスマートフォン単独では前年同期あるいは前年比でマイナス成長でした。携帯電話全体の出荷台数については、2014 年 Q4 が前年同期比 1.9% 減の 1,241 万台で、年間では前年比 7.7% 減の 3,659 万台でした。また、スマートフォンについては、2014 年 Q4 が前年同期比 2.2% 減の 988 万台で、年間では前年比 12.4% 減の 2,654 万台でした。同社はスマートフォンのメーカー別シェアを公開しており、それによると、Apple はスマートフォンの分野で 58.7% のシェアを獲得、昨年が 46% だったので 12.7 ポイント上げたことになります。Apple がメーカー別シェアでトップなのは毎年のことなので、シェアを大きく上げようが特に驚きません。私が驚いたのは、年間シェアで富士通がランク外に転落したことです。2013 年は 8.1% のシェアで 4 位に付けていたものの、2014 年は 日本市場からの撤退もささやかれている Samsung よりも下位に位置しているのです。投入機種数が少なかったので必然と言えますか。スマートフォンシェアの 2 位は Sony Mobile(14.2%)、3 位はシャープ(11.4%)、4 位は Samsung (4.7%)、5 位は京セラ(4.5%)という順位でした。Apple 以外だと京セラの躍進が目立ちます。Source : IDC


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy-Tab ALか? SM-T550を名乗るSamsungタブレットの情報
Galaxy S6 edgeのエッジスクリーンを着信音とシンクロさせて光らせる活用例のコンセプト
Google、Android版Chrome v42 Betaをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP