ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイムカードはもういらない?iBeaconによる入退出・出退勤管理システムが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ITの導入で、オフィスの管理手段も多彩に変化。とうとう、アプリで出退勤を管理するシステムが登場した。

システム開発やコンテンツ制作を手がけるジークは、このたびiBeaconを使った入退出・出退勤管理システム「AB Stamper On ZX-Logger Cloud」のリリースを発表。

専用のスマートフォンアプリから、現在地情報をサーバーへ送信。ほぼリアルタイムで位置を検出するため、離れた場所でも在籍状況が確認できる他、アプリ上のボタン1つで出退勤の報告が可能となる。

アプリで現在位置を把握。出退勤も楽々送信

「AB Stamper On ZX-Logger Cloud」では、アプリをインストールしたスマートフォンから送られる情報を元に、ユーザの位置をマップ上(PC画面のみ)に表示。

フリーアドレスのオフィスでも、だれがどこにいるのかを、ほぼリアルタイムに把握する。電話で呼び出したり、オフィス中を探し回る手間も省けるというわけだ。

勤怠データとして利用する場合は、まずスマートフォンを持ってBeacon端末に近づく。すると、出退勤記録アプリを立ち上げるメッセージが表示されるので、あとはボタンを押して、出退勤を記録送信すればいい。

記録方法は、最初と最後の入退出をそのまま出勤・退勤とする自動記録モードと、タイムカードのように、任意の場所でアプリの出退勤ボタンを押す、手動モードから選択できる。いずれにしろ、いちいち時刻を入力する必要がない分、かなり楽だ。

ANAシステムズで実証済み。社内コミュニケーション活性化にも期待

ジークでは今回のリリースに先立ち、パイロットユーザーとして、ANAシステムズに協力を依頼。フリーアドレスによって、従業員の現在位置把握に悩んでいた同社だったが、本システムを導入したところ、現在地が一目でわかるようになり、社内コミュニケーションが一層活発になったのだという。

社内全体の活性化にも期待がかかる本サービス。企業でどのように活用されていくのか、今後の動向に注目である。

AB Stamper On ZX-Logger Cloud

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP