ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lollipop端末ではナビゲーションバーのスワイプ操作でChromeのタブ間を移動可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.x(Lollipop)において、Chrome アプリの特定のタブ間をシステムナビゲーションバーのスワイプ操作で切り替えられるという機能が発見されました。これは、Lollipop 端末で Chrome のタブとアプリ履歴を統合している場合に機能し、タブ A のリンクを「新しいタブで開く」で新たに開くと、親タブ(A タブ)とその子タブ間(開いたタブ)をシンプルな左右へのスワイプ操作で行き来できます。現行では親タブ同士の切り替えはできません。デモ動画では少し判りづらいと思いますが、「新しいタブでリンクを開く」を実行すると、一瞬画面がうにょっと動きます。それは子タブで開かれた合図です、その状態で親タブまたは子タブを開いた状態でナビゲーションバーを左から右にスワイプすると前方のタブに、左から右にスワイプすると後方のタブに切り替わります。ポイントは素早くスワイプすることです。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、日本でも「ZenFone 2」の発売イベントを開催する予定
1shopmobileが「HTC RE」ティール(グリーン)カラーの販売を開始
経費管理・清算サービス「Staple(ステイプル)」の公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP