体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

今回は「知りたい」にやさしく寄りそうメディア『Credo』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/847373をごらんください。

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

任天堂がYoutube動画での収益を投稿者と分配するプログラムを開始

任天堂が、YouTube に投稿された「任天堂の著作物が含まれる動画」からの広告収益を投稿者に分配するNintendo Creators Program のベータサービスを始めました。

これまで任天堂ゲームのプレイ動画などによる広告収益は、YouTube のルールに則り元の権利者である任天堂がすべて得ていましたが、今後は投稿者にも分配されます。

このニュースのように、最近急激にこうした動画投稿サイトで収益を上げることに関心が持たれるようになってきました。

Youtubeで生活の収益を得る人たちは”Youtuber”と言われ、Youtuberらをマネジメントする事務所まで設立されるほどになりました。

「YouTuber最大1000人採用へ -HIKAKINさん所属「UUUM」が大胆な一手」 2014年12月16日 『CNET』
http://japan.cnet.com/news/business/35057863/

本稿ではこのYoutuberらの収益に焦点を当てて、その分布にどういった特徴が見られるのか、そしてそのデータから今後のYoutubeの趨勢としてどのようなものが考えられるか、という推測をしてみたいと思います。

データを使用させて頂いたのは、YoutubeやTwitchなどの統計情報をまとめているSocialBlade*1というサイトからです。データは全てチャンネル別にソートされたものとなっています。そのため一人のユーザーが複数のチャンネルを持っていても別々にカウントされています。(SocialBladeで閲覧できる総動画視聴数に0.1(円)をかけたものを総収益としました。)

*1:『SOCIALBLADE』
http://socialblade.com/

尚、今回算出した広告収入は日本で推定された基準に基づいて行ったものです。予めご了承下さい。

全体の収入分布について

まず、全体の中でのトップ500人の収入を用いて分布図を作成しました。

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/03/yb01.jpg

最も多くの人が存在していたのは5000万円から1億円までの範囲となりました。広告収入だけでこれだけ稼いでいるというだけでも改めて驚くべきことですが、5億円以上稼いでいる人も数名ですが存在しており、Youtubeの規模の大きさを思い知る数字となりました。

続いて、この値を前提に各国・ジャンル毎に分布を比較していきましょう。以下、トップ100のみを用いて作成しました。

アメリカの圧倒的強さ、アクセス数と見合わない日本とインド

Youtuberの人数が多い国としてSocialbladeの中で紹介されていた、アメリカ・オーストラリア・ドイツ・カナダ、そしてそこに日本とインドを加えたグラフを見ていきましょう。

比較のため、アメリカ(水色)と日本(緑)のみ線を太くしております。

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/03/yb02.jpg

アメリカとイギリスを除いた国々のピークは1000万円から2000万円以下の範囲に収まっています。またそこからの広がりはあまりなく、多くの人が集中してそのあたりに分布しているようです。

対してアメリカとイギリスは比較的裾の広いグラフとなりました。2億円あたりまでそれなりの人数が存在しているようです。

形状の比較をするためにアメリカ、オーストラリアのみを抜き出したグラフを作成してみました。

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/03/yb03.jpg

先ほど述べたような特徴がはっきり分かるかと思います。

また各国の平均値比較からも、どの国でYoutuberという文化が盛り上がっているかが読み取れるかと思います。

「好きなことで生きていく」Youtuberたちがどれだけ稼いでいるのかまとめてみた(Credo)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
ttp://getnews.jp/img/archives/2015/03/yb04.jpg

日本とインドでYoutuberが伸び悩む理由

さて、今回なぜ日本とインドを加えたのかについてですが、Youtubeへのアクセス数だけで言えば日本とインドはアメリカに次いで第二位・第三位の多さを誇る国というのがその理由です。(Alexaはその推定の精度に問題があると指摘されている場合があります。今回もあくまで参考データとしてご理解いただければ幸いです。)

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。