体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美少女だらけのゲームなのに男性キャラが人気! 『アイドリズム』新人声優・深町寿成&近野誠一郎インタビュー

アイドリズム

美少女アイドルが大勢登場するゲームなのに、キャラクター人気投票で男性キャラが1、2位を独占!? スマートフォンゲーム『アイドリズム』にて面白い現象が起っているそう。

『アイドリズム』はアイドル育成、総選挙、リズムアクションゲームそれぞれの魅力を持ち、オリジナル楽曲も楽しむ事が出来る、新しいスマートフォンゲーム。

このゲームの醍醐味である総選挙にて、多くの美少女キャラを抑えて1位、2位を獲得したのが、嵯峨山陸と岬アレクシスという2人の男性キャラクター。男性がメインターゲットなのに、多くの女性ファンがプレイしているというのが驚きです。今回はそれぞれのCVを務める声優の深町寿成さんと、近野誠一郎さんにゲームの魅力など色々とお話を伺ってきました。

card_21005003

嵯峨山陸(CV:深町寿成)

card_22004003

岬アレクシス(CV:近野誠一郎)

―まずゲーム『アイドリズム』の魅力について教えていただけますか?

深町:僕自身もたくさんプレイしているんですけど、最初に思ったのはアイドルがダンスするグラフィックがとてもキレイだなあと。キャラクターはとても可愛いんですけど、動きがとてもカッコ良くて。そして何より曲がどれも素晴らしいんですよ!

近野:ダンスも歌も全部オリジナルで。キャラクターも曲もここまで多いゲームってあんまり無いと思うんですよね。

深町:最初はスマートフォンのゲームだし、そんなに難しいと思っていなかったんですけど、どんどん進んでいくと……(笑)。

近野:最初は難しくないんですけど、だんだん難しくなるので、かなりやり込み度のあるゲームですね。僕は最初男性キャラクターの多さに驚きました。女性キャラ27名、男性キャラ4名という。

―しかもちゃんと男性キャラにもオリジナル楽曲があって、ユニットもあってというのが珍しいですよね。お2人が演じたキャラクターについて教えていただけますか?

深町:僕が演じた嵯峨山陸について、最初にプロデューサーさんに言われたのは「金髪で片方が編み込みになっているのが、チャームポイントです!」という事でした。声の演技については実はあまり言われていなくて、そのままやってくださいと。そのままってどうしようと、逆に戸惑ってしまったんですが、自分がアイドルとして振る舞うならこんな感じかなと想像しながら。

近野:僕も岬アレクシスはそのまま演じてください、と言われました。最初に見せてもらったイラストは今の完成系よりも柔らかい雰囲気で、設定も「物腰が柔らかい・言葉遣いが丁寧」というものだったんですね。なので、優しい可愛い感じで演じようかと思っていたら、「あんまり可愛くしないで」と言われて(笑)。ちょっとクールめにしようと意識しました。

―そんな個性的なキャラクター2人が、総選挙で1位、2位をとったという。

深町:驚きましたね。自分のキャラクターが上位に行けばもちろん嬉しいですけど、まさか1位をとるとは。

近野:女性のキャラクターが多くて、男性キャラ不利という中でこういう結果になったのは、本当にビックリでしたね。アレクシスは1位はとっていないんですけど、不動の2位なんです!

―アイドルファン的には“2位”って一番燃えると思います。「いつか1位にさせてあげたい」という気持ちが出てくるというか。

近野:確かにそうかもしれませんね。『アイドリズム』では総選挙のイベントが度々行われるので、応援する方も楽しいですし、僕達も結果を見るのが本当に楽しみなんです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会