ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでもどこでも高品質の音楽を楽しめる小型ヘッドホンアンプ「UAMP」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音質アップに欠かせないアンプ。据え置き型のオーディオ用だけでなく、外出中などに活用するヘッドホンのためのポータブルアンプも数多く出回っている。

そのポータブルアンプの品質を高め、そしてより小型にしたのが、オーストラリアのスタートアップが現在開発中の「UAMP」。スマートフォンなどと一緒に持ち歩くといつでもどこでも高品質の音楽を楽しめるというものだ。

・重さはたったの26グラム!

UAMPがどれくらい小型かというと、4.3センチ四方で、厚さは9ミリ。ジーンズのポケットなどにも難なく入れられる。重さはたったの26グラムだ。

なので、スマートフォンやタブレット端末で音楽やビデオをよく視聴するという人は、端末とヘッドホンの間に介在させるだけで、よりクリアで立体的な音質を楽しめる。

・イコライザー機能も

音質について、開発者は「ハイエンド・クォリティー」とうたっているが、このアンプを使うことで音質がどれだけ変わるかは、現在キャンペーンを展開しているKickstarterにあるデモビデオで確かめてほしい。

また、音を “補正”するイコライザー機能もついているので、自分好みに音楽を変えられるのもメリットだ。

UAMPは1回の充電で約10時間使用可能。もちろんモバイル端末だけでなく、PCなど3.5ミリのイヤホンジャックがあるものすべてで使える。

Kickstarterでのキャンペーンでは現在、65オーストラリアドル(約50米ドル)の出資で入手できる。キャンペーンは4月10日まで。

UAMP/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP