ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木の横断面が美しい!個性派の手作りターンテーブルが人気上昇中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、世界で人気が復活し始めている、アナログ・レコード。

1980年代まで主流とされていたこの音楽ツールの人気再燃に伴い、レコードプレーヤーに凝りだす人たちが増えてきているという。

中でも自分の音楽の趣味や個性を表わしたいという思いから、ユニークなデザインのプレーヤーを選ぶ人も多いようだ。

そんな人たちにおすすめの逸品が、現在Kickstarterにて公開されている。

米シアトル在住のケント・ウォルター氏と彼の父親による「Silvan Audio Workshop(シルヴァン・オーディオ・ワークショップ)」が手掛けたのは、黒胡桃の木で作ったターンテーブル。

美しい木の両面と横断面にはほとんど手を加えず、ナチュラルな風合いをそのまま活かしている。

横断面の層が良く見えるように、レコードを乗せる回転台は透明なガラスをチョイス。

完全カスタム・ハンドメイドで愛情たっぷりに作られたこの作品は、見た目の奇抜さだけでなく、サウンド面でもハイクオリティにこだわっているそう。

こちらのターンテーブルは、サウンドシステムが「The Archer(アーチャー)」「The Champion(チャンピオン)」「The Sampo(サンポ)」といった3段階のランクに分かれている。

Kickstarterを通して750ドル(日本円で約8万9000円)以上の出資をした場合、希望のアイテムを指定できるようだが、残念ながらいまのところ発送は北米のみだそう。

しかし今後商品化することになれば、日本でも手に入れるチャンスはあるかも。

そのときに備えて、いまからスペックだけでもチェックしておく!?

Kickstarter(Silvan Audio Workshop)
https://www.kickstarter.com/projects/898522200/silvan-audio-workshop

音楽(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP