ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの連れ去りを防いだ「家族の絆」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

未遂に終わった群馬県の「小4少女連れ去り事件」に学ぶ

昨年より、子どもの連れ去り事件が相次いでいます。連れ去り防止のためにさまざまな対策がなされていますが、犯行者の巧妙な手口に不安を募らせる人も少なくないでしょう。今年1月には、群馬県で「小4少女連れ去り未遂事件」が発生し、現職警察官が容疑者として逮捕されました。

連れ去りから子どもたちを守るためには、私たち大人が手を差し伸べるだけでは足りません。子どもたちが犯罪被害に遭うのは、ひとりでいるときです。それゆえ、子ども自身が防犯意識を持つよう、防犯教育を根気よく続けなければなりません。そして、実を結んだのがこの「小4少女連れ去り未遂事件」です。この事件には、子どもを連れ去りから守るための重大なヒントが隠されています。

イベントや体験学習を通して記憶に残る防犯教育を

子どもたちへの防犯教育は、学校や子ども会などで行われています。家庭でも毎日のように言い聞かせていると思います。警視庁が考案した防犯標語「いかのおすし」や「4つの約束」など具体的な対策もあり、それになぞった体験学習も必要です。

成長過程にある子どもたちには、毎日のように新しい発見があります。私たち大人と違い、記憶の上書きが盛んに行われるので、同じことを繰り返すことが重要になります。防犯教育で重要なのは、子どもたちの理解度です。前述した「いかのおすし」では、「知らない人についていかない」「知らない人の車に乗らない」と教えますが、「知らない人」の定義は人それぞれです。また、犯罪が発生しやすい場所として「死角になる場所」が挙げられますが、「死角」には見えない、見えにくい場所のほかに、「見ない」「気にしない」場所が含まれることを忘れないでください。

そして、子どもたちの記憶に残すために「覚える」のではなく、行動として「身につく」ように教育していくことが重要です。子ども主体の「安全マップ」づくりは、会話の中から意識を高める言葉が集約され、危険個所を探すことで気づきを得るなど、イベントとして思い出に残る優れた防犯教育のひとつです。

少女が取った行動に注目すべきポイントが

未遂に終わった群馬県の事件をまとめてみます。知っているお巡りさんから「父親が交通事故でケガをした」と告げられた少女が、その場から逃げて母親に連絡。それを受けた母親は父親に電話し、父親が110番通報しました。この一連の行動を防犯教育(防犯訓練)の賜物と考えるのは、少々無理を感じます。

防犯教育では、「知らない人」には警戒するように教えますが、この少女は「知っている人」から「父親が交通事故だ」と声をかけられました。違和感を覚えながらも、恐怖やパニックに陥る可能性も考えられます。しかし、瞬時に少女は母親への連絡を選びました。ここが注目すべきポイントです。

連れ去りを防いだ家族のコミュニティー

人は、常に二者択一の選択をしているといわれています。知っているお巡りさんと母親の二者択一で、母親を選んだことが連れ去りを未然に防いだと考えられます。また、子どもを襲った異常事態を知った母親が躊躇(ちゅうちょ)なく父親に連絡したこと、父母ともに就業中でありながら連絡が取れたこと、この3点から家族の密接な関係がうかがえます。つまり、家族のコミュニティー(家庭環境)が連れ去りを未然に防ぎ、早期解決につながったと考えられます。

子どもたちへの防犯教育に間違いはありません。しかし、知識や経験の少ない子どもたちが頼れるのは家族だけです。「見たことのあるおまわりさん」が父親の事故を告げたとしても、迷いなく父母や兄弟など家族を信じてとっさに選べることが、子どもを守る「最良の防犯教育」と実感できます。こういった事件をきっかけに「家族の在り方」を見直してみてはいかがでしょう。

(神田 正範/防犯・防災コンサルタント)

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP