ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さだまさしが『ニコ生』に降臨! “さだコラ”鑑賞やユーザー生放送へ突撃など“ニコニコ文化”を存分に堪能

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月24日、『ニコニコ生放送』に新たな伝説が産まれた。

この日、都内某スタジオにてシンガーソングライターであり、タレント、小説家としても活躍しているさだまさしさんがニコニコ生放送に降臨したのだ。「精霊流し」や「関白宣言」、「案山子」といった名曲を産み出してきたさださんが、若者文化の発信地であるニコニコ生放送でインターネットで密かに流行していた“さだコラ”を見たり、ユーザー生放送にSkype生電話をかけるなど、予想外の展開に大盛り上がりであった。

番組では、さださんから視聴者に対してアンケートを実施。視聴者の年齢層を尋ねた所、10~20代男性が20.1%で最多。次いで30代男性、40代男性という感じで男性の視聴者が多いという結果となった。これを受けて「10代、20代の時期は音楽に関心を持ったり、世の中に不満を持っている人が多い」とさださん。メッセージ性の強いさださんの楽曲に惹かれる若い世代も多いのではないだろうか。

続いては、ネットで話題となった“さだコラ”検証コーナーを実施。さだコラとは「叙情派シンガーソングライター・さだまさしが、実はロック史の隠れたキーパーソンであった(らいいな)」という一連の画像のことで、歴史に名を残しているロック界の有名なシーンの一部にさだまさしさんの画像をさり気なくハメコミ合成するというコラージュ画像のこと。この画像の一部をさださん本人に見てもらう、という無茶な企画だったのだが、見てもらったところご本人も「あれは、いつのことだったかな」とノリノリ。ジミ・ヘンドリクスとの共演画像を見て「本当はギターを誰に頼むか迷っていたんだよ。ジミ・ヘン、ジミ・ヘンドリクスか、ハデ・ヘン、ハーディー・ヘンドリクスか」という、一瞬、嘘か本当かわからないような絶妙な返しを披露した。もちろんハーディー・ヘンドリクスなる人物はロック史に存在しない。いくつかの画像を見て、愛溢れるがゆえの作品であることを知り「笑えるやつならOK」というありがたいお言葉も頂いた。

そして、こころなしかスタッフ陣もそわそわしていた、ユーザー生放送に突撃するコーナー「あのね、さださん」に突入。20代のユーザーにSkypeで電話をかけ、さださんがいきなり悩みを聞くという前代未聞のコーナーだ。最初の相談相手は20代前半の女性。そんなに好きでもない男性との関係に悩んでおり、さださんは一言「警察行け!」と一刀両断。続いての相手は20代前半の男性。こちらは恋人ができないことを悩んでおり、さださんは、趣味の合いそうな女性がいそうな場所へ行くことをオススメした。突然のさださんからのSkype突撃に、2人とも始めは戸惑っていたが徐々に打ち解けて思わず本音を吐露してしまう場面も。

トークに花が咲き、コメントもかなり盛り上がった結果、予定の40分押しで番組は終了。これまで活動を支えてきたファンと、初めてさださんを見たファンも入り混じる大盛況な番組となった。今後はニコニコチャンネル『さだ塾』にて、さまざまなコンテンツを提供していく。ここでしか見られない秘蔵映像や、ライブの生中継などを行いつつも「ファンと適切な距離感をもって運営していきたい」というさださんらしい雰囲気のチャンネルになっていきそうだ。

さだ塾
http://ch.nicovideo.jp/sadamasashi

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP