ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仲間由紀恵が紅一点 東野圭吾原作のサスペンス大作に“渋くてイイ顔”だらけの超豪華俳優陣が集結

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


稀代のヒットメーカー東野圭吾が1995年に発表した『天空の蜂』を、『20世紀少年』シリーズなど数々の大作を手がけてきた堤幸彦監督が映画化。原発を題材にしたテーマ性やその物語のスケールの大きさから、これまで映像化は不可能とされ続けていましたが、満を持して2015年秋に全国ロードショーとなります。

日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々の8時間のドラマを描いた本作。20年前に書かれた小説でありながら、東日本大震災後の現在の日本を予見しているかのような内容が描かれ、現在でも話題の人気作となっています。

本日、すでに出演が発表されていた江口洋介(ヘリ設計士・湯原役)、本木雅弘(原発設計士・三島役)のほかに新たな豪華キャストが公開。三島(本木雅弘)の恋人で、事件解決の鍵を握る女に、『トリック』シリーズなどのタッグで堤監督とも相性バツグンの仲間由紀恵。そして巨大ヘリ“ビッグB”を奪う謎の男には、綾野剛が扮(ふん)することが決定しました。

さらに、柄本明が犯人を追う地元刑事を、國村隼が事件現場を統括する発電所所長を演じるほか、竹中直人、石橋蓮司、佐藤二朗、光石研、やべきょうすけ、落合モトキら、みんな一癖も二癖もある“イイ顔”系の俳優たちばかり! また向井理は、原作には登場しないオリジナルのシーンとして、2011年3月、東日本大震災後の日本で救助活動に赴く自衛隊員を演じるとのこと。

原作とは異なる映画オリジナルの展開がどのように描かれるのか、それぞれの俳優が物語にどう絡んでくるのか、堤監督の手腕に期待が高まります。

<ストーリー>
1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が突然動き出し、子どもを一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した! 遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。

機内の子供の父親であり“ビッグB”を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。

その頃愛知県では、“ビッグB”と原発を開発した錦重工業本社に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、“ビッグB”を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP