ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『妖怪ウォッチ』の漫画家にサインの予約殺到! 事実上の打ち止めで同業者でも手に入らないレアモノ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気ゲーム『妖怪ウォッチ』は、知らない人がいないほど絶大な人気を誇る作品である。ゲームだけでなくアニメ化もされ、漫画も連載が続いている。

・子どもたちに夢を与えている
そんな『妖怪ウォッチ』の漫画を描いているのは、小西紀行先生。『月刊コロコロコミック』で現在も連載中で、全国の子どもたちに夢を与え続けている。

・事実上の打ち止め状態!?
あまりにも人気があるため、小西先生に「サインしてほしい!!」という人が殺到。サインの事実上の打ち止め状態になっているというのだ。小西先生と親友の漫画家・ピョコタン先生は、以下のように語っている。

・ピョコタン先生のコメント
「普通は小西さんのサインなんて打ち止めで、予約が殺到して描いてもらえないの。漫画家の人でもほしいんだよ。誰も描いてもらってない」

・サインが殺到するのも理解できる
小西先生は漫画を描くことで子どもたちに感動を与えている。出版関係者からサインが殺到するのも理解できる話である。ちなみに、ピョコタン先生は特別にサインを描いてもらったようだ。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/21/yo-kai-watch-2/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP