ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下僕として使って…」文豪・谷崎潤一郎、妻との”佐助ごっこ”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年は、文豪・谷崎潤一郎の没後50年を来年は、生誕130年を迎えます。

 このタイミングに合わせて、中央公論新社は、決定版「谷崎潤一郎全集」(全26巻)を5月10日から刊行開始します。さらに、それに先駆けて4月8日には、歴代の谷崎潤一郎賞受賞作家を集めて鼎談イベントを開催。登場するのは、阿部和重氏、川上未映子氏、奥泉光氏の3氏です。いずれも谷崎作品に造詣が深い面々とあって、谷崎作品の魅力に触れるチャンスとなっています(お問合わせ:サンライズプロモーション0570-00-3337)。

 谷崎と言えば、昨年11月25日に、妻・松子と、妻の妹・重子らと交わした未公開書簡288通が発見されたことも注目を集めました。松子と重子姉妹は、谷崎の代表作の1つ『細雪』で描かれた、豪商の美人4姉妹のモデルと言われています。

 谷崎が松子に宛てた手紙の中には、「夫婦之契」つまり、松子から男女の仲になることを許されたことや、谷崎が「忠僕として御奉公申上げ主従の分を守り候」と誓う文言をはじめ、小説さながらの表現も多々見られます。手紙の中では、美貌で高慢なヒロイン・春琴と、春琴に献身的に仕える奉公人・佐助を描いた小説『春琴抄』そのままの世界が繰り広げられていたのです。

 従来、これら恋文は、谷崎の女性崇拝の証拠であり、『盲目物語』『蘆刈』などの名作も、芸術のミューズたる松子夫人への愛情によって生み出された作品という”松子神話”が定説となっています。

 しかし、作家・小谷野敦さんは、著書『谷崎潤一郎伝』(中央公論新社刊)のなかで、それは、谷崎の死後、松子が「下僕として使ってください」式の手紙を公開したからであり、松子自身が意図的に”松子神話”を広めたためではないかと指摘。手が届かない女性を崇め奉るというよりは、”佐助ごっこ”という、夫婦合意の上でのプレイにすぎなかっただろうと述べています。

 何はともあれ、3番目の妻・松子の存在が、作品世界に多大な影響を与えたのは事実。最初の妻・千代をめぐって、佐藤春夫と三角関係になった”妻譲渡事件”をはじめ、数多くの女性スキャンダルで有名な谷崎ですが、生涯添い遂げた女性は松子だけでした。文豪・谷崎の心をとらえ、離さなかった松子は、まさに運命の女性だったのかもしれません。

【関連リンク】
谷崎潤一郎メモリアルイヤー 
http://www.chuko.co.jp/special/tanizaki_memorial/event.html

■関連記事

直木賞作家・西加奈子の短編集 主人公は人生に疲れた女たち
芥川賞作家・小野正嗣が描く ある少年の物語
「いま『面白い』小説」とは何か? 創刊100年をむかえる新潮文庫の"答え"

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP