ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミニムービーがつくれるアプリNutshell、グラフィックスやテキスト追加も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰でも気軽にスマートフォンで動画を撮れる時代になり、ビデオアプリはすでにたくさん出回っている。しかし、このほど登場したiOS アプリNutshellは少し変わりダネだ。

写真からミニムービーがつくれるアプリで、そこにテキストやグラフィックスを重ねられるというもの。被写体を目立たせたり面白おかしくしたりするのにうってつけだ。

・写真3枚でムービーのような動き

ムービーと表現したが、Nutshellはビデオではなく写真を使う。写真を3枚撮り、それぞれにテキストやグラフィックスを加えられるようになっている。

グラフィックスはアプリ内にいろんなパターンのものが用意されていて、使うにはタップして追加したい部分にもってくるだけ。例えば、誕生会の主人公の顔のまわりにグラフィックスのスターを輝かせ、「○歳のバースデー」とテキストを入れる、といった使い方ができる。

たったこれだけのことだが、テキストとグラフィックス入りの写真を3枚立て続けに流すことで、視聴者にムービーのような“動き”の印象を与えられる。

・テキストを加えてアピール

また、自由にテキストを加えられるというのもポイントで、例えば日向ぼっこをしているネコの写真を撮って「シアワセ〜」と写真に書き込むだけでほのぼの感がアップするなど、見る人により訴えかけられるものになる。

つくったミニムービーはもちろん、フェイスブックやツイッターといったSNSでシェアできる。ちょうど写真とムービーの中間的存在ともいえるNutshell。あなたのクリエイティビティを光らせて友達に送ってみてはどうだろう。

アプリはiOS 8以降で利用でき、ダウンロードは無料となっている。

Nutshell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP