ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【タイレポート2015】タイ人は「KFC」で定食を食べる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IMG_0047
日本では「ケンタッキーフライドチキン」で親しまれているが、他各国のほとんどでは「KFC」という名称の世界的ファストフード店。タイのバンコクにも多数あり、もともと鶏肉を好んで食べる文化なので、タイ人たちにも広く親しまれている。
IMG_0087
商品は日本などとほぼ同じラインナップなのだが、1つだけ他国では見ることができないメニューがある。チキンにタイ米のご飯が沿えられた一品だ。
IMG_0052 
ご飯付きメニューの品揃えは3品。ペプシコーラが付いて69バーツ(日本円で約200円)という価格が、安いのか高いのか比較しようもないので、判断が難しい。どれも色合いが似ていることと、入店した「KFC」はタイ語のみの表記だったので、選ぶ基準に迷ったが、もっとも大きく写真が掲載されている最上段のメニューにした。
それがこちらだ。IMG_0056
 メニューと実物が異なって見えるのは飲食店ではありがちだが、実物があまりにもしょぼく、見ているだけで哀しくなってくるのは私だけだろうか。メニューと明らかな差異があるのは、“鶏肉のサイズ”であることは明白だ。メニューの鶏肉は見ているものを圧倒するようなボリュームだが、実物はといえば皿の空白箇所が目立つほどしかない。
哀しさを助長しているのが、鶏肉の下に敷かれた人参の千切りであることは間違いないだろう。
 「KFC」へ来てまでこのようなメニューを誰が注文するのか、と思われるだろうが、私が見ただけで3~4割のタイ人が注文し食べていた。しかも中高生から大人まで、幅広い年代の方々だ。
タイでは露天などで焼き鳥や鶏の唐揚げを売っている店が多く、鶏食文化が深く根付いていることもあり、「鶏肉と一緒に食べるのはご飯」という概念が“KFC定食”を誕生させたのだろう。
タイ米のご飯とケンタッキーフライドチキンのコンビネーション。タイへ来たらぜひご賞味あれ。
(Written by 西尾康晴)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【タイレポート2015】続々と進出する大手日系飲食店
【台北 最新レポ】 台湾が日本人観光客に人気な理由ベスト5
熊本だけで使われるアノ店の略し方

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。