ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、「SmartEyeglass Developer Edition」を3月10日に国内外で発売、価格は10万+税

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 2 月 17 日、メガネ型 AR デバイス「SmartEyeglass」の開発者向けキット「Developer Edition(SED-E1)」を 3 月 10 日に国内外で発売すると発表しました。ついに購入できる時期が見えてきました。もちろん、日本でも発売されます。SmartEyeglass は、通知や情報を適切なタイミングでユーザーの目の前に示すことを目的に開発されているアイウェア型のウェアラブルデバイスです。3 月に発売される Developer Edition は、一般消費者向けではなく、このデバイスに対応したアプリを開発したい人向けの評価キットで、一般消費者向けは 2016 年に発売される見込みです。Developer Edition は Sony Develpoer World SmartEyeglass 専用ページで販売されます。価格は、日本では 100,000 円+税、米国では $840、英国では £520+VAT、ユーロ圏では €670+VAT になります。一般消費者向けはもっと安いはず。Sony は Developer Edition の発売に先立ち、アプリ開発用のソフトウェア開発キット(SDK)もベータ版から正式版に上げて提供しています。Source : Sony


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android Oneスマートフォン2機種をフィリピンに投入
HuaweiがMWC 2015に向けたティザーを開始
KDDI、Androidケータイ 「AQUOS K SHF31」を2月20日に発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP