ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外なビジュアルに思わず釘付け!モスキーノの最新フレグランスが可愛すぎる!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

思わず抱きしめたくなるような、つぶらな瞳のキュートなテディベア。実はモスキーノの最新フレグランスなのだ。名前は「モスキーノ・トイ」。自然の奥深く、ぬいぐるみの王国からやってきたという。頭の部分を取り外すと、からだの中に組み込まれたアトマイザーが魔法のようにあらわれるという仕組みにもびっくり。

もちろん普段は、好きな時にハグしたり寄り添ったりと、愛すべきぬいぐるみとして楽しむことができる。ドレッサーに置いたり、他のぬいぐるみたちと一緒にベッドまわりに並べるのも良いだろう。

過去のフレグランスの常識を覆し、見た目、機能、楽しさを追い求めたという同商品は、モスキーノのクリエイティブディレクター、ジェレミー・スコットによって創りだされたもの。

彼は「“フレグランスの見た目はこうでなければいけない、ボトルはこうあるべきだ”といった常識を超えたかったのです。そして“モスキーノ・トイ”でそれを実現したのです。」と語る。

パッケージも、”Try Me”や”Touch Me”といった吹き出しマークが描かれた、ほんとうのおもちゃのような仕様。バックフリップもつけられ、世界中のおもちゃ屋さんで見られるようなフックまで取り付けられているというから手が込んでいる。

気になる香りは、マンダリン、カルダモン、ベルガモットではじまる。ハートノートはラベンダー、バイオレットペタル、そしてサンザシのソフトでシルキーな香りが広がり、ベースノートでは、サンダルウッド、バニラ、マウンテンツリーモス、アカシアのウッディノートが、「モスキーノ・トイ」の故郷である森を思い浮かばせるといった具合だ。

このユーモラスで、ウィットとエンタテイメントに満ちたフレグランスは、昨年秋にロンドンのハロッズにて先行発売、同時にmoshino.comでも販売を開始。その後、世界各地の百貨店およびモスキーノブティックにて発売される予定となっている。

日本では、2月18日に阪急梅田本店にて初お目見えする予定。価格は1万5000円(50ml)。少々値が張るが、普段がんばっている自分へのご褒美に、または大切な人へのプレゼントにいかがだろう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP