ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ウォーキング・デッド シーズン5』最新話放送直前!改めて第9話を振り返ってみた[ネタバレあり]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月9日(月)21時より放送再開となった『ウォーキング・デッド シーズン5』の 第2幕第1話(シーズン通算第9話)。

FOXが最速放送ということもあり、多くの『ウォーキング・デッド』ファンが放送時間を今か今かと待ちわびていたのではないだろうか。

本日16日(月)には第2幕2話目となるシーズン通算第10話が放送されるわけだが、その前に、改めて驚愕(きょうがく)の第9話を振り返ってみよう。

2014年年末に放送された第8話では、シーズン2からレギュラー出演していたベス・グリーン(エミリー・キニー)が命を落とすという衝撃の展開で幕を閉じた。

そして年が明け、1月も終わり、やっと、やっと放送された第9話。見終わった記者の心の中にはノアへのなんとももどかしい怒りともつかぬ思いが渦巻いていた。

以下、ネタバレと私的見解を含む

第9話では、ベスを失い意気消沈するリックたちを、新たなメンバーであるノアが「ベスが一緒に行きたがっていた」とノアの家族が暮らすリッチモンドへと連れて行く。

だが、壁と大きな扉に囲まれノアの家族らが安全に暮らしていたはずの場所は、凄惨な現場と化していた。

結局、一行は使えるものを探すリックたちと、家族を心配し家へと急ぐノアを気に掛けるタイリース(チャド・L・ コールマン)の2手にわかれたのだが、そこで悲劇は起こった。

ようやくたどり着いたノアの家でタイリースがウォーカーに襲われたのだ。しかも2度も!!!

確かにタイリースは煮え切らない男でなんともモヤモヤすることの多いキャラクターであったが、ここで2度も襲われるほどのことではない。もう、これではどう見ても死亡フラグたちまくりだ。

その様子をみて助けを呼びに行くといったノアも、結局は外でウォーカーに襲われ防御するので手一杯と、なんともふがいない状況。

結局、リックたちが助けに入った時にはもう助からないことがわかるほどの状況だったにもかかわらず、一るの望みを託して噛(か)まれた腕を切断するが、タイリースは移動中に命を落としてしまう。

ここでふと「ノアが自分たちの家族のもとへ行こうと言わなければ、こんなことにならなかったのでは」と思ってからは、記者はもう、ノアを見るたびイライラすることとなってしまった。

そんな第9話で印象的だったのが、タイリースがノアの家で見入っていた写真とウォーカーに襲われ混濁した意識の中で見ていたもの。それは、すでに亡くなった人間たちだったり、過去のニュースを報道しているラジオだったりしたのだが、ここに何らかの伏線が張られているような気がしてならない。

シーズン5半ばにして2人の主要メンバーを失ってしまったリックたち。FOXの公式ページのあらすじによると、今夜放送される第10話では、またも新たなトラブルが起きそうなことを匂わせている表現が書かれている。

『ウォーキング・デッド シーズン5』の最新話最速放送まであと数時間。早く見たい!と待ち遠しいのは記者だけではないはずだ。

(C)2015 FOX International Channels (Japan) (C)2015 FOX SPORTS Japan, Co., Ltd. All rights reserved.

■参照■
・FOX インターナショナル・チャンネルズ株式会社/ウォーキング・デッド シーズン5
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2069

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP