ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S Edge SM-G925FがGCFの認証を取得、対応周波数が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 6 のデュアルエッジスクリーンモデルとみられる「SM-G925F」が 2 月 15 日付で Global Certification Forum(GCF)の認証を取得し、対応周波数が判明しました。SM-G925F は、左右にエッジスクリーンを搭載した Galax S Edge と噂されており 3 月 1 日にスペイン・バルセロナで開催される MWC 2015 イベントで発表される見込みです。GCF の認証によると、SM-G925F は GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA / DC-HSDPA(850 / 900 / 1900 / 2100MHz)、FDD-LTE B1(2100MHz) / B2(1900MHz) / B3(1800MHz) / B4(1700MHz AWS) / B5(850MHz) / B7(2600MHz) / B8(900MHz) / B18(800MHz) / B19(800MHz) / B20(800MHz) / B26(800MHz)に対応しています。LTE の対応カテゴリは LTE Category 6 です。ネット上では LTE-Category 9 に対応すると予想されていますが、LTE-Category 6 止まりとなる模様です。Source : GCF


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの公式サイトに「HTC RE」グリーンカラーが登場、近々発売?
Samsungがカメラスマートフォンの新たなデザイン特許を出願、Galaxy K Zoomの後継に適用か?
「HTC One M8i」の主要スペックが伝えられる、5インチ端末で3,000mAhバッテリーを搭載?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP