ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新宿アルタ前に白ひげ、エースの墓が!? 『ワンピース 海賊無双 3』試遊イベントレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月14日、15日の2日間、新宿アルタ前にて『ワンピース 海賊無双 3』の試遊イベントが開催されています。原作にも登場した白ひげ、エースのモニュメント(墓)が衆人の注目を集めると共に、3月26日に発売予定の『ワンピース 海賊無双 3』の先行試遊を行うことが可能です。

精巧な巨大モニュメントを激写!

今回のメイン展示物として『ONE PIECE(ワンピース)』のキャラクターであるエドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)、とポートガス・D・エースのモニュメント(墓)が設置されており、原作そのままの精巧な作りを披露しています。帽子のよれや、マントの皺などもリアルに再現されているこのモニュメントは写真撮影も可能な為、多くの方々による記念撮影が行われていました。また熱烈なファンと思われる方の中には、このモニュメント前でひざまずく人も……。今後、このモニュメントの扱いがどうなるかは不明とのことで、自分の目で見ておきたい方、他のファンと共に白ひげ・エースへ哀悼を捧げたい方は訪れておいた方が良いでしょう。

先行試遊でプレイステーション 4版『ワンピース 海賊無双 3』をいち早くプレイ!

そして併せてチェックしておきたいのが先行試遊です。『ワンピース 海賊無双』シリーズ初となるPlayStation4(以下、PS4)版がプレイ可能となっており、発売前にいち早くプレイしようと行列が出来ていました。昼頃には110分待ちの人気となり時間帯によっては更に行列が伸びていたとのこと。ゲーム自体は過去の2作品の操作感はそのままに、演出・クオリティなど全体に渡ってPS4のハイスペックな性能が下支えをし、前作以上に痛快かつ爽快に敵を薙ぎ倒せます。もちろん本作品で初登場のサボもプレイ可能です。なお、この試遊台でプレイした方のみ、オリジナルクリアファイルがプレゼントされます。エース・サボ・ルフィがプリントされた限定グッズですので、プレイすると共にゲットしておきましょう。

プロデューサー陣によるミニトークショー、そしてサプライズ発表も!

またイベント会場では本作品のプロデューサーである鯉沼久史氏(コーエーテクモゲームス)と、中島光司氏(バンダイナムコゲームス)によるミニトークショーも開催されました。本作に対して「(本シリーズの)集大成」(鯉沼)と言い切り、ここまでの再現・表現の追求に関しては「他キャラクターのエフェクトを流用せずに各キャラ毎にアクションを作り込むので大変です」(鯉沼氏)、「スタッフの努力によって再現度も高く作られています」(中島氏)といった苦労話を、総評的に「1作目、2作目があるからこそ出来ました。相当なボリュームになっています。」(鯉沼)といったお話が語られました。

ここで発表されたのが本作品とコラボした『PlayStation 4』本体の発売です。本作品用に特別デザインされたPS4は先のクリアファイル同様にエース・サボ・ルフィがデザインされたもので2月16日よりソニーストア限定での受注生産が開始されます。本製品に関しての詳細な情報は後日ソニーストアにて発表されます。

先行PVの視聴や、”メラメラの実”も要チェック

本イベントではこの他にも最新プロモーションビデオの上映や、”メラメラの実”を模したチラシも配布中です。最新PVは14日にアルタビジョンによる初出上映が実施され、明日15日中はイベント会場にていつでも視聴可能となっています。

エースの命日は2月15日!?

原作の人気キャラクターであるエース・白ひげのモニュメントが設置された本イベント。一説にはエースの命日は明日2月15日とも言われています。これはエース死亡を扱った回(第574話)が、2010年2月15日発売の少年ジャンプであったため、ということから由来しています。この説自体は”非公認”なものではありますが、先に挙げたファンのように、ここで改めて哀悼の意を表してみても良いかもしれません。

■イベント情報
「ワンピース 海賊無双 3」先行試遊イベント ~エースの意思を継げ!~
日程:2015年2月14日(土)~15日(日)
時間:11:00~19:00
場所:新宿アルタ前広場(新宿ステーションスクエア)

■作品情報
『ワンピース 海賊無双 3』
発売日:2015年3月26日
ジャンル:無双アクション
対応ハード:PlayStation4/PlayStation3/PlayStationVita
価格:PS4/PS3:7800円(税別)、Vita:6800円(税別)

公式サイト
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/opm/

カテゴリー : ゲーム タグ :
ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP