ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリのクラッシュ率でAndroid 5.0がiOS 8よりも安定しているとの調査レポートが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルアプリのパフォーマンス管理ソリューションを提供している Crittercism が、モバイルアプリのクラッシュ率で Android 5.0 Lollipop が iOS 8 よりも安定していると報告しています。同社によると、クラッシュ率は iOS 8.x が 2.2% で、Android 5.0 は iOS 8 よりもわずかに低い 2.0%。昨年 12 月 10 日時点のクラッシュ率は、Android 5.0 が 2.26%で、iOS 8 が 2.75% だったので、クラッシュ率の低下率では iOS 8 が Android 5.0 を上回っていることになります。また、前回バージョンと比較した場合、iOS 8 は iOS 7(1.9%)よりもクラッシュ率が高かった一方で、Android 5.0 は Android 4.4(2.6%)よりも低いものでした。アプリがクラッシュするのはアプリによってシチュエーションが異なり、また、アプリ自体の問題が多い場合もあるので、クラッシュ率だけで OS の安定性に優劣を付けることはできません。Source : ZDNetcrittercism


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、2014年はスマートフォン850万台、タブレット940万台を出荷、今年は「ZenPad」を展開予定
ドイツのAmazon.deで「HTC RE」の公式アクセサリーが販売開始、日本にも直接発送してくれます
INFOBAR A03の基本操作や画面の動きを確認できる公式動画が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP