ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怖すぎる〜っ!桂歌丸師匠の若かりし頃がハードボイルドすぎると話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

笑点の司会者 桂歌丸師匠の若かりし頃の姿がハードボイルドすぎるとTwitterで話題になっています。

まず見ていただきましょう。桂歌丸師匠の若かりし姿。

これは怖い…。現在のあの優しい表情とは全く違う鋭い目。エッジを感じます。輪郭に面影がありますよね。

Twitter上では「マジモンやん」「横山やすし師匠の生き写し…」「アウトレイジ感がハンパねぇwww」など、今もなお波紋が広がっています。

桂歌丸師匠は昭和11年生まれで昭和26年に5代目古今亭今輔に入門します。笑点では他メンバーから年齢のことや頭髪のことでいじられることが多々。2011年には噺家60周年を迎えました。2014年には体調不良のため入退院を繰り返しますが無事に復帰されています。

ちなみに若かりし頃の歌丸師匠のプロマイドがこちら。すっごく男前じゃないですか!

こちらのプロマイドはマルベル堂さんで購入できますので気になった方はぜひ!
【昭和スター倶楽部】プロマイドギャラリー 桂 歌丸

関連記事リンク(外部サイト)

現代の笑いにも通じる、敷居の低い伝統芸能に触れる
[スマホ版] 幕末古写真ジェネレーター公開しました。どんな写真も古写真に!
TBSドラマ「赤めだか」でなんと立川談志役にビートたけしが決定!談春役は二宮和也

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。