ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モトリー・クルー、『THE FINAL TOUR』日本公演が神戸で開幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年1月に会見を開いてまで「これが最後」と高らかに宣言したモトリー・クルーの『THE FINAL TOUR』の日本公演が、2月11日(水・祝)の神戸ワールド記念ホール公演からスタートした。

2015年のツアーがこの日本公演からスタートとなるモトリー・クルー。昨年の怒涛のツアー日程からひと時の休養を経たメンバーは、大阪到着後に観光を楽しんだメンバーもおり、充実した時間を過ごしたようだ。

それだけに公演での充実したパフォーマンスにも期待がかかるその日本公演初日。神戸ワールド記念ホールは、今回の日本公演で唯一アリーナエリアがスタンディングとなっている公演ということもあり、開場と同時にファンがわれ先にとアリーナ前方を埋め尽くしていく。

そして場内で開演を待つファンは、この『THE FINAL TOUR』の目玉でもあるステージからアリーナの中央ほどまで伸びる異様なステージセット、「ドラムコースター」のレールを振り返って眺めている。そのセットを見ているだけでもワクワクしてくるそのセットは、海外からバンドが持ち込んだものだ。

さまざまな演出でファンを楽しませてきたモトリー・クルーが、この最後のツアーで見せてくれるこのステージセットを使ってのドラムソロは、ライヴで見てこそ、その凄さを実感する価値のある、度胆を抜くパフォーマンスだった。

今年になって突如、海外で配信が開始された新曲(日本では3月4日配信開始予定)の披露に期待がかかったが、神戸公演では残念ながら披露されず、今後の名古屋公演以降での披露に期待したいところだ。

これまで数々の日本公演を行ってきたモトリー・クルーだが、この『THE FINAL TOUR』では日本への愛はMCからも感じ取れるほどだ。それ故の観客との一体感は、これが最後のツアーだということを忘れさせつつも、今回ツアーの最後にいつも演奏されてきている「HOME SWEET HOME」が演奏されはじめると我に返り、寂しさを感じさせられた。

バンド結成から30年以上の歴史を今年で閉じようとしているモトリー・クルーの歴史の一部に、是非参加してほしい。

モトリー・クルー『THE FINAL TOUR』日本公演は、この後、2月12日(木)名古屋ガイシホール、2月14日(土)、15日(日)さいたまスーパーアリーナと続き、2月17日(火)福岡国際センターで最終日を迎える。

また、ベーシストのニッキー・シックスは日本公演終了後も日本に残り、自身が率いるバンドSixx:A.M.で、2月19日(木)に行われるVAMPS主宰のロック・フェス『VAMPARK FEST』に出演する。

『THE FINAL TOUR in JAPAN』
2月11日(水・祝) 神戸ワールド記念ホール
2月12日(木) 日本ガイシホール
2月14日(土) さいたまスーパーアリーナ
2月15日(日) さいたまスーパーアリーナ
2月17日(火) 福岡国際センター

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
モトリー・クルー ユニバーサルミュージック アーティストページ
“ハードロック・バンド初”モトリー・クルーがラスベガスで長期公演を開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP