ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自己PRで、過去の実績をアピールしすぎてませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 就職活動や転職活動、その他、各種面接等、自己PR力が試されるシーンは結構あります。そういった場合、あなたはついつい「過去の実績」に焦点を当ててしまってはいませんか。もちろん、何も実績がない人よりも、何か語れるものがある人の方が評価されます。

 ただ、「◯◯の賞をとったことがある」「◯◯での企画を成功に導きました」、こんな話のオンパレードでは聞いている方もウンザリ。実績アピールも度が過ぎてしまうと、鼻につく行為となってしまいます。

 心理学者・内藤宣人さんの著書『「人たらし」のブラック交際術』では、スタンフォード大学のザッカリー・トーラマさんのある実験結果が紹介。この実験には、自己PRの場で自身の魅力を効果的に伝えるヒントがあります。

 実験内容はいたってシンプル。アメリカのプロバスケットボールリーグNBAのマネージャーになったつもりで、ある選手を評価させるといったものです。まず、被験者に2種類の履歴書を見せます。一方は、「私は、ここ5年で毎試合平均◯得点を出しました」という内容の履歴書、もう一方は「私は、これから5年で、毎試合平均◯得点を出そうと思います」という、潜在能力をアピールする内容の履歴書です。

 この履歴書を読んだ被験者たちは、当該選手を年収いくらで契約したいかと問われると、実績をアピールした選手には426万ドルを払いたいと答えたのに対し、潜在能力をアピールした選手には525万ドルを支払いたいと答えたのです。

 内藤さんは同書でこう指摘します。

「業績をアピールするのは、”自慢屋”と思われてしまう。『あいつって、優秀は優秀なんだけど、鼻につくよな』『あいつは、業績はすごいけど、それを自分で言うからイヤなんだ』と思われたのでは、周囲に敵を作るばかり。過去に立派な業績があるのだとしても、それはあまりアピールしないほうがよさそうだ」

 確かに過去の業績、実績はいずれ周囲に漏れ伝わるもの。自己PRの場では、潜在能力含めて「未来の自分」をテーマに語ると良いのかもしれません。

■関連記事

極端なハズレがないワインは●千円以上のもの
カフェ通がオススメする京阪神の名喫茶店
福岡の焼き鳥屋がキャベツ無料食べ放題のナゾ はじまりは中洲だった?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP