ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「YotaPhone 2」のE Inkディスプレイの日光下での視認性をチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアメーカー YotaDevices の 2 画面スマートフォン「YotaPhone 2」の背面にある E Ink 電子ペーパーディスプレイの屋外での視認性を、通常の液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンと比べてみました。E Ink ディスプレイは外光を反射して色を表示する仕組みを採用しているので、色はグレースケールとなってしまいますが、文字やアイコン、ボタンなどのディスプレイ上の表示は明るく、かなり鮮明です。今回は液晶を搭載したスマートフォンの中でも私が一番明るいと思った Xperia Z3 と比較してみました。見やすさでは、E Ink ディスプレイの方が断然に良いことはわかりきっていることなのですが、実際に比較してみると次の写真のように違いは一目瞭然です。屋内で操作しているかのように見えます。Google Play ストアの場合。ボタンの位置や文字、アイコン画像は判別できるほどくっきり。しかし、モノクロ表示なので、色合いは判りません。電子書籍は Kindle リーダー端末並みの見やすさです。書籍中の文章は一字一句読み取れます。ホーム画面を表示したところ。普通に操作できます。E Ink ディスプレイが日光下でも見やすいと言っても、その特性上、光のない就寝中や夜間の屋外ではほとんど見えません。バックライトも付いていないので、暗所ではほぼ使い物にならないでしょう。また、YotaPhone 2 はタッチパネルもありますが、表示の切り替わりに 1 秒ほどラグが発生しているので、頻繁なタッチ操作には適していません。(参考)YotaPhone 2 開封の儀&ファーストインプレッション


(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC PETRA」がHTC初のウェアラブルデバイスらしい、1.8インチのフレキシブルOLEDディスプレイやGPSを搭載、質量は23g
NVIDIA、3月3日にサンフランシスコでメディアイベントを開催、Android関連の新製品・サービスを発表か?
Manual Cameraがv2.0にバージョンアップ、ピンチ操作によるズームが可能に、今なら25% OFF

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP