ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto X(1st Gen)のAndroid 5.0アップデートが遅れている理由はプロセッサ関連

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility が 2013 年のフラッグシップスマートフォン「Moto X(1st Gen)」の Android 5.0 アップデートが遅れている理由を Twitter を通じて明らかにしました。国内では未発売の「Moto X」は、ラウンドフォルムで 4.7 インチ画面の超持ちやすい筐体や、素の Android を採用した滑らかなユーザー体験、Moto Maker サイトで筐体をカスタマイズできる点が受け、海外の特に米国では高い人気を得ています。プロセッサには Snapdragon S4 MSM8960PRO という少し古く、または採用機種も少ないもの搭載しており、このプロセッサがアップデートの開発の遅延に影響を与えた模様です。Motorola は Twitter からの質問に対して、「Moto X は Android 5.0 にアップデートされるのですが、これに搭載されているチップセットに対してはさらなる努力が必要なのです。当社は満足のユーザー体験とパフォーマンスをお届けできるよう、誠意開発に取り組んでいます。」と述べました。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 6向けに新カスタムROM「Android Ice Cold Project(AICP)がリリース
Xperia E4の公式動画が公開
Samsungは日本のスマートフォン市場からの撤退を検討?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP