ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCがNexus 9ベースの自社ブランドタブレットを2015年Q2以降に投入するとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC が自社ブランドの下で Nexus 9 をベースにした新型タブレットを 2015 年 Q2 以降に投入すると、Twitter の情報通 @Upleaks さんがツイートしました。どの筋からの情報なのかは説明されていません。伝えられているところによると、噂の HTC タブレットは Nexus 9 とほぼ同じサイズの筐体らしいんで、Nexus 9のメーカーブランド品と予想されますが、スペックがどうやら下げられている模様です。そして、少なくとも今四半期中には発売されることはないとされています。今のところ、情報はこれだけです。Android を搭載しているのか、それとも Windows を搭載しているのかすら不明です。Android を搭載した場合は Nexus 9 と競合するでしょうから、Windows を搭載する可能性が高いと思います。Nexus 9 キーボードカバーでノート PC 化できますし(もし流用できるなら)。HTC が自社ブランドのタブレットを最後に発売したのは 2011 年のことで、その時には 10.1 インチの「HTC Jetstream」が米 AT&T に投入されました。あれから 3 年以上が経過しています。HTC の幹部である Jack Tong 氏は昨年 11 月の時点で 2015 年に自社ブランドのハイエンドタブレットを投入する方針だと台湾メディアに明らかにしていました。年内に久しぶりの HTC ブランドの機種が投入されることはほぼ確実だと思いますが、具体的な情報はまだ不明という状況です。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、エントリーレベルの7インチAndroidタブレット「MeMO Pad 7 ME70CX」を法人向けに発売
米国のGoogle Playストアに「Nexus 9」サンドカラーが再入荷
エレコム、4.7インチ / 5.5インチまでもスマートフォンを収納できるスポーツ用アームバンドを2製品発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP