体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家系ラーメンの守護神『中島家』でキャベツラーメンを食す

nakajimaya-2_R

基本的には洋食大好き、時には和風の定食も好き、そしてラーメンも嫌いではない、いや、むしろ好きだし大好きだし、ラーメンなしの生活なんか考えられないと言う筆者が、最近ハマりつつあるラーメンを紹介してみましょう。

横浜の平沼橋にある家系ラーメン中島家

あまり訪れる機会がなかった横浜の平沼橋周辺ですが、最近は横浜最強の洋食屋さん『レストラン テル』がキテるのでちょいちょい訪れる筆者。

それとなく周辺を歩いていると……何もない。

いや、なくもないのですが、まだまだ暖簾をくぐるには至らない、ちょっと気になるけど「次の機会でいいや」みたいな微妙な地域。
そんな平沼橋周辺において、見過ごせない店がありました。それが家系ラーメンの『中島家』です。

言うまでもありませんが、「家系ラーメン」とは横浜を中心に広まった豚骨醤油ラーメンで総本山は『吉村家』です。『中島家』の創業は1995年で家系の中でも古株と言えるでしょう。

nakajima-1_R

オーソドックスな家系ラーメンを提供する名店

そんな『中島家』のラーメンは正統派の家系ラーメンです。特にスープに関しては『寿々喜家』同様、クセの少ない丁寧な仕上がりで高評価を得ています。

麺は当然、家系の鉄板とも言える『酒井製麺』を使用。太いストレート麺と豚骨醤油スープの相性は抜群です。

ちなみに『中島家』の麺は家系の中でも「柔らかい」と言われる事が多いので、デフォルトで「堅め」と注文するのも悪くない選択です。

盛り付けは言うまでもなく「家系スタイル」になっています。ここで「海苔の配置の是非」に気が付いた人はラーメンマニアと言えるでしょう。

家系のラーメンは基本的に「海苔3枚を並べる」のが一般的とされています。実際に多くの家系ラーメンを提供する店が同じビジュアルにまとまっているはずです。

しかし『中島家』のラーメンは、ぱっと見た感じだと「海苔1枚」に見えます。

実は昔の家系、もとい初期の家系ラーメンは「海苔を重ねたままで3枚」が一般的だったらしいです。その後、ラーメンブームなどでメディアへの露出が増えるにつれ、ラーメンの盛り方にも気を配るようになったのでしょう。
その結果、最近の「海苔3枚を並べる」と言うスタイルに落ち着いたようです。

つまり、逆に『中島家』の盛り方こそ「家系オールドスタイル」となり、1995年創業は伊達じゃない、「うちは今も変わらずに昔の家系の味を守っているぞ」と言う店主のアピールなのでしょう。

nakajima-2_R

家系ラーメンと豚骨醤油ラーメンの違いって何?

これはラーメン好きなら常識ですが、改めておさらいしておきましょう。最低限、このくらいは知っておいても損はない知識です。
ぱっと見た感じ、どちらも「豚骨醤油」で違いはないように思えます。しかし、両者が決定的に違うのは

「家系ラーメンには鶏油(チーユ)が使われている」

と言う点です。逆に言えば鶏油を使っていなければ、どれだけ盛り付けを真似たところで、ただの豚骨醤油ラーメンにしか成り得ないと言う事ですね。

多かれ少なかれのアレンジや亜流はあるとしても、「家系」を名乗るならば鶏油だけは絶対に使うべきなのです。

nakajimaya-3_R

中島家と言えば「キャベツラーメン」である!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。