ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライトニングとマイクロUSB両方に対応するコネクタが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム機器やウェアラブルガジェット、モバイルバッテリーなど、多くのデバイスは、マイクロUSBで充電する。他方、最近のiOSデバイスはライトニングコネクタが採用されている。

そのため、iOSデバイスユーザーの多くは、普段からライトニングとマイクロUSBの両方を使っていることになる。充電するたびそれぞれのケーブルを用意するのが面倒—。そう思っている読者に、両方を備えたConnect Plusを紹介したい。

・「Y」の字の先に2端子

Connect Plusは「Y」の字の形状をしたコネクタで、USBポートにつないで使用する。Yの二股に分かれた先には、ライトニングとマイクロUSBの端子がついている。

つまり、つなぎたい端末やガジェットに応じてコネクタを選べるので、それぞれのケーブルをそろえておく必要がない。

・長さ6センチ、絡まりの心配なし!

また、ケーブルだとバッグや引き出しの中で絡まったりすることもあるが、Connect PlusはUSBメモリのようにスティックタイプ。しかも6センチと小さいので持ち運びも容易だ。

現在、資金調達サイトIndiegogoでキャンペーン(〜3月28日)を展開していて、予定小売価格30ドルの半額で入手できる。すでに目標額は達成したので、商品化は確実となった。

最新のiPhone、iPadユーザーなら1つ持っていれば便利かも。

Connect Plus/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP