ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分が幼い時に流行した曲のプレイリストを自動生成!当時の想い出が蘇る「Retrojam」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末なんかに歌番組のスペシャルなどを見ていると、自分が子どもの頃よく耳にしていた曲や青春時代に歌っていた曲が紹介されていて、なんとも懐かしい気持ちになった。

不思議なもので昔の音楽を聴くと、それまでは思い出すことなどほとんどなかったような何年も前のちょっとした出来事が、急に鮮明に頭に浮かぶことがある。

「Retrojam」というサービスは、まさにそんな体験を提供してくれるWebサービスだ。

誕生日を入力することで、年代別のプレイリストが自動で生成

このサービスでユーザーがやることは、基本的にたった1つ。最初に自分の生年月日を入力することだ。

生年月日を入力すると、生まれた年以降の世界で流行した音楽のプレイリストが年代別に自動生成される。そしてそれを”生まれた年”、”小学校に入学した年”、”大学に入学した年”のような主要なライフイベントごとに簡単にチェックすることができる。

プレイリストは自動で編集が可能

このプレイリスト自体は音楽サービス・Spotifyを用いて作成されているため、自分のお気に入りの音楽を探してきてプレイリストをカスタマイズすることも可能。

そうすることで、自分が子どもの頃によく聞いていた音楽のプレイリストなどをより忠実に再現できてしまう。

現在はSpotifyをベースにしていることもあって作成されるプレイリストには洋楽がならぶが、サービスの切り口としては非常に面白いので、邦楽を対象にしたサービスも是非使ってみたいものだ。
Retrojam

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP