体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家系ラーメンの名店『寿々喜家』に行ってみた

suzukiya_R

横浜でラーメンと言えば昔はサンマーメンでしたが、今は『吉村家』に代表される『家系』と呼ばれるラーメンが広く認知されています。いわゆる豚骨醤油味のラーメンですね。
そんな家系の中でも筆者が今、一番美味しいと思う『寿々喜家』(すずきや)を紹介してみましょう。

1990年創業の人気店

『寿々喜家』は1990年に横浜の上星川にオープンした家系のラーメン専門店です。ちなみに本当は漢字の七を3個並べた漢字、品文字(しなもじ)で「き」と書くのが正解です。ようするに「喜ぶ」を崩した「草体」の漢字ですね。

しかし、残念な事に「環境依存文字」なのでストレートに表記する事が出来ないので、記事としては「喜ぶ」の漢字を使わさせて頂いています。
ちなみに店名の由来はオーナーである鈴木氏の実家が営む居酒屋さんの店名らしいです。

家系の系譜、むしろ家系図としては総本山である『吉村家』の姉妹店『本牧家』から独立したのが『寿々喜家』となります。
なので「白い半袖Tシャツに白い鉢巻」と言うスタイルも引き継がれ、まさに現時点でも家系ラーメンの一角を成す、正統派のラーメン屋さんなのです。今、家系のラーメンを語るならば『寿々喜家』抜きには語れません。

ちなみに店の看板にはでかでかと「ラーメンショップ」の文字が入っていますが、これは総本山である『吉村家』の吉村氏がラーメンショップの出身(諸説ありますが)だった事から書かれているらしいです。なので丼もラーメンショップの定番「青色」にこだわっています。

このように家系の伝統を重んじる、まさに家系ラーメンのド真ん中にあるのが『寿々喜家』なのです。

『寿々喜家』は接客も一流である!

そして『寿々喜家』を語る上で、その接客及びオペレーションの良さも特筆すべき点でしょう。

時に、ラーメンの人気店ともなるとピリピリとした緊張感、下手をすると店主が常にピリピリしている、運が悪ければ怒られる事もある(お客さんなのに)のが人気ラーメン店のイメージだったりします。

勿論、忙しい繁盛店であればお客さんも、ある程度は店のルールに従わないと駄目なのは分かりますが、過度のルールを押し付けるのは、いかがなものかと思います。
客商売の店でお客さんを怒鳴りつけるとか、よほどの事でない限りはあり得ません。

しかし、その点『寿々喜家』の接客はピカイチです。適度な緊張感はありますが、常識的なルールさえ守っていれば気分良く食事をする事が出来ます。

また超人気店なのでオープン直後から並ぶ事も多いのですが、洗練されたオペレーションにより、意外と待ち時間は少な目です。
数多くのラーメン屋さんを見て来ましたが、ここまで正確無比なオペレーションは見た事がありません。

無論、お客さんの好み「固め、濃いめ」などもきっちり対応しつつ、それぞれの仕事をこなす店員さんの動きは見ていて気持ちが良いものです。

しかも、常連さんの好みを「ほとんど記憶している」のは流石です。逆に言えばそれだけ頻繁に訪れる常連客がいると言う事で、そのラーメンの味を疑う余地はありません。

ラーメンのスープが超絶に美味い!!

接客に気を使うラーメン店は、それすなわち「お客さんの気持ち」を大事にしています。なので『寿々喜家』も掲げる目標は「味がブレない事」をモットーにしているらしいです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会