ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職場がまるで猫カフェ!? 「猫手当て」が支給される企業を直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 東京都新宿区にあるIT企業「ファーレイ株式会社」が「猫手当て」を支給される会社としてネット上で話題になっている。

 同社には9匹の猫が常駐し、社員は日々猫たちに見守られながら働いている。また、恵まれない猫を育てる社員には「猫手当て」として月額5,000円が支給される制度もあり、同社が猫の保護に力を入れていることがわかる。

 Twitter上では「何この最高な手当てw」「画期的な会社だ……」「いい取り組みですね」などの声が上がっている。

 なぜ職場で猫を飼い、猫手当てまで支給するのか。ファーレイ株式会社の代表取締役・福田英伸さんに話を聞いてみた。

 「15年ほど前、会社を設立して間もない頃、弊社スタッフの一人が動物病院から引き取り手のない子猫を里親として引き取りました。子猫のため、自宅でお留守番をさせるわけにもいかず、毎日猫を連れて仕事場に出勤するようになったのです」と、猫との同伴出勤がきっかけだと語る。

 たくさんの猫に囲まれて仕事をするためか、社内には常に笑顔があふれている。「猫を膝に抱いてミーティングに臨むスタッフもいます。日々の厳しい業務も、猫たちのおかげで明るい環境でストレスなく進めることができるのです」とのこと。

 猫は社員同士のコミュニケーションにも貢献しているようで、「猫を通じてスタッフ同士の会話も弾みます。一日ディスプレイと向き合う作業が多く、ふさぎ込みやすくなる職種だと思いますが、猫が時折起こすハプニングで、会話が広がります。これがコミュニケーションにつながり、いい製品を生み出すきっかけにもなっています」と話した。

 来客者にも好評だそうで、「打ち合わせに猫じゃらしや猫のおやつをお持ちいただくこともあります。猫が寝ているテーブルを囲んで行う打ち合わせは、まるで『猫カフェ状態』だと喜んでくださって、高級そうなスーツを毛だらけにして帰られる方もいらっしゃいます」といった微笑ましいエピソードも。

 一方で、猫を飼うにあたり大変なこともある。

 「お客さまとの大事な通話中に電話を切ってしまったり、暴れまわってパソコンのコンセントを抜いたりなど、かわいいトラブルは絶えませんよ」

 ちなみに現在、猫手当ては4人のスタッフに支給されている。その根本には「恵まれない猫を助けたい」という強い意志がある。求人を行う際は「猫好きの方からたくさんのご応募をいただきます」と、やはり猫好きの人が集まるそう。

 猫に囲まれながら仕事をすれば、癒やされながら働けそう!?

■関連リンク
猫と一緒に暖をとれる「こたつネコ」
日本一寝顔が酷い美猫の写真集
チークを入れた猫画像が大量拡散

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP