ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厚労省が「22時以降残業禁止」宣言! 若手職員は「働くことの誇りと意義」を取り戻せるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

厚生労働省は2015年1月27日、省内で「長時間労働削減推進本部」の第2回会合を開き、「働き方・休み方改革推進戦略」をまとめた。

同省の職員は原則として毎日20時までに退庁、やむを得ない場合でも22時までには退庁する方針だ。大臣官房などが3月から先行実施し、10月以降は全部局を対象とする。会議資料には、こんな決意表明が記されている。

「休むのも仕事です。今度こそ本気です」

職員増が望めない中、課題は「不要業務の縮減」

なお、国会対応などやむを得ない場合は「早出・遅出勤務」を活用するが、退庁から10時間は出庁してはいけない「勤務間インターバル制度」を導入する。育児中・介護中の職員に関しては「テレワーク」も認める。

厚労省の長時間労働体質については、以前から問題視されてきた。2010年7月に改革若手プロジェクトチームが提出した「業務改善・効率化に係る提言」によると、省内アンケートで業務量が「多い」「非常に多い」と答えた職員が54.4%を占めたという。

その原因として最も多かったものは「厚労省全体として人員が不足している」が32.0%だった。これによって職員からは「残業時間が増加している」(46.6%)、「モチベーションが低下している」(45.8%)、「本来もっとも行わなければならない業務に、十分時間をかけられない」(43.7%)といった問題が指摘されている。

プロジェクトチームは「提言」の中で、こんな危機感を表明している。

「我々が直面しているのは、厚生労働省の危機である。我々の所管する行政は幅広い上、寄せられる社会的ニーズは極めて大きく、職員個人に負荷される業務量は過大となっている。次から次へと発生する新たな業務に、対応が追い付かない」

「過労と批判の連続に、職員は厚生労働省で働くことの誇りと意義を失いかけており、厚生労働省のパフォーマンスの低下をもたらしている。これが、厚生労働省が陥っている危機である」

提言では、このような問題を解決するために「職員増の必要性」や「組織の生産性拡大」「コストの削減」など多様な提案がなされている。しかし職員の数を直ちに増やすことは、世論的にも困難だ。そこで課題となるのが「不要業務の縮減」である。
ネックは国会答弁の「質問通告」が遅すぎること

提言で「不要業務」があるとされているのが、「国会関連業務(答弁作成・質問主意書等)」だ。割合としては19.0%にとどまるが、「業務量の観点から負担を感じる業務」として最も多かった回答だ。

国会答弁関係業務の流れは、「通告・質問伺い」「質問確定・割り振り」「答弁メモ作成」「答弁メモ審査」「資料セット」「三役に説明」というステップを踏んで、政務3役の「答弁」となる。

しかし、野党などの議員からの質問通告が遅かったり、質疑枠の時間に対して質問数が多かったりすると、待機時間がムダになるうえに、深夜残業を余儀なくされることになる。「答弁メモ審査」などには複数の部局が関与する必要があり、待機や緊急対応が求められる職員の数が増えることにもなる。

提言内のアンケートでも、国会答弁作成業務の負担と考えられる原因として「質問通告が遅い」と答えた人が71.8%いた(複数回答)。「必要以上に待機指示がかかる」とする回答も40.5%あった。

この解決には、国会議員や政務3役、財務省の協力が必要だというが、うまくいくだろうか。なお、職員の休み方については、全職員に対し、

・毎月1日以上の年次有給休暇(マンスリー休暇)を取得
・夏季休暇において、連続1週間以上の休暇を取得
・ゴールデンウィーク、年末年始に1日以上の年次休暇を取得

ことが求められるという。これによって、全職員の65%が月1日以上の年次休暇を取得することが推進される。こうした改革が守られない場合は、部局長や事務四役の管理者は「改善計画書」の提出が義務付けられることになっているという。

あわせてよみたい:ローマ市警察の8割「サボり」に批判噴出
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP