ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【試食レポ】ケンタッキー初のハンバーガーが肉厚でジューシーすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月5日に発売されるケンタッキー初のハンバーガー「ビストロ風ハンバーグサンド」。都内で開催された試食会に行ってみた。
まず驚いたのはその肉の厚みだ。軽く2cmはある。「ハンバーグの厚みは通常のパティの1.5倍以上を目指した」というが、かぶりついてまた驚く。想像をはるかに超えてやわらかい。スチームオーブンでじっくり15分ほど焼き上げる製法は、肉汁をしっかり閉じ込めて確かなジューシーさを奏でている。

食べ続けていると、濃厚なデミグラスソースの影に、クリーミーなチーズの風味を感じた。これが「アリゴ風ソース」か。いわゆるハンバーグディッシュに添えられているマッシュポテトからヒントを得たそうだが、デミグラスソースとこんなに合うとは知らなかった。レタスのシャキシャキ感もいいアクセントになっている。
  「カンテサンス」オーナーシェフ岸田周三氏

会場では予約至難の有名フレンチレストラン「カンテサンス」のオーナーシェフ岸田周三氏による実食の様子も動画で流された。シェフも「肉の塊にかぶりついてるという印象」「すごく完成度が高い」と絶賛。
しかしなぜ今、ハンバーガーなのか。広報担当者によれば、ケンタッキーでは昨今フライドフィッシュやエビなどチキン以外の商品開発にも力を入れていて、ハンバーガーについても1年前から開発を続けていたそうだ。

万を持して発売される初のハンバーガーは、ハンバーガーというより“手のひらサイズのハンバーグディッシュ”の印象だ。食べやすいよう用意された専用の袋も高級感を意識しているらしい。 
ビストロとはフランス語で“居酒屋”という意味だが、日本では“カジュアルレストラン”という意味合いで使われることが多い。まさにレストランの味を片手に凝縮したような「ビストロ風ハンバーグサンド」。店に登場する2月5日が待ち遠しい。
※「ビストロ風ハンバーグサンド」はスチームオーブンが設置された店舗のみの販売となり、一部店舗では販売されておりません。ご注意ください。
(written by 山口彩)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコで行列ができる人気の菓子パン「トゥルドロ」
【大分「珍」グルメ】 全国きっての名湯で蒸して味わう「別府プリン」が絶品
とっておき香港グルメ 見た目グロテスクだけど絶品!「鳩」料理

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP