ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ユーザー20万人突破!超便利な映画情報アプリ「映画ランド」を探る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画を観ようと思ったとき、上映劇場や時間等の情報検索に、煩わしさを感じることはないだろうか。

こうした情報は、劇場ごとに告知されていることが多く、1度ですべてを網羅するのは、なかなか難しいというのが現状だ。

そんな不便さを解消してくれるのが、「映画ランド」というアプリ。映画鑑賞に必要なあらゆる情報を1つに集結。劇場や上映スケジュールはもちろん、チケットの予約購入から座席の指定までできる、映画ファン必携のアプリである。

現在ユーザー数は、20万人を突破。2015年には、100万ダウンロード到達が見込まれているというから、その人気は相当なものだ。

提供元は、インターネットサービスやアプリケーション開発で、グローバルに事業展開するホットモブ・ジャパン。多くのユーザーから支持される秘密を探るべく、同社、白井 優子(しらい ゆうこ)氏のお話を伺った。

映画鑑賞に必要なアクションがすべて叶う便利なアプリ

Q1、まずは「映画ランド」開発のきっかけについて、お聞かせください。

映画を観ようと思ったときに、知りたい情報をすぐに、簡単に入手できる便利なものが欲しいと思ったのが、「映画ランド」開発のきっかけです。

従来は、Googleなどの検索サイトで近くの劇場や公開中の映画、上映時間などをいちいち調べていたのが、「映画ランド」を使うことで、アプリ内でのこれらの検索がまとめてでき、さらにチケットの予約購入、座席の指定までが可能になれば、まさにすべてが叶うという理想を実現できると思ったからです。

Q2、「映画ランド」とは、どんなアプリなのでしょうか。

映画のチケット予約や上映検索など、劇場での映画鑑賞に特化した映画情報アプリです。

オンラインチケット予約は、現在全国のシネコン(大型映画館)にしか対応していませんが、今後は単館系映画館にも対応する予定です。

映画のニュースを随時配信し、新作映画の情報やユーザーレビューをチェックできるSNS機能も充実しています。

気になる映画の通知情報を設定すれば、予約販売開始時に通知が届き、観たい映画を見逃さずにすむ仕組みです。

他にも、試写会のチケットや非売品グッズといった、利用者には嬉しいプレゼントキャンペーンを行っております。

Q3、リリースからわずか6か月でユーザー20万人という人気ぶりですが、ここまで受け入れられた理由は、どこにあると思われますか。

利用者のニーズを追求した、「サービスの独創性と利便性」というところでしょうか。

これまで、上映中の映画や映画館の場所、上映時間などをまとめて検索できるサービスがなく、不便だと感じている人は、たくさんいたと思います。

なおかつ、ややこしかったチケットの予約購入方法を、どれほど「楽」にできるかが重要でした。これらの要素を網羅し、直感的に操作でき、効率的かつ使いやすいことが、ユーザーに愛用されている理由の1つではないでしょうか。

Q4、今回はSNSとタイムラインを大幅に強化されたとのことですが、そうしたバージョンアップは今後もあるのでしょうか。

映画好きなユーザー同士が、今まで以上に交流を行うことができる機能を、数多く備えていく予定です。

単なる映画チケットを予約するツールとしてだけでなく、「映画好きが集まる」ソーシャルメディアをめざしているので、今後のバージョンアップでも、ソーシャル機能の向上に大きく注力していきます。

「楽」をコンセプトにユーザーの映画ライフをサポート

Q5、「映画ランド」は今後、どのように育っていくのでしょうか。未来への展望について、お聞かせください。

一言で言えば、色々な意味において、「楽」に特化したいです。

「楽」なチケッティングサービスを提供しながら、「楽」しいメディアであるようにブランディングしているので、まずは、サービスの面である「チケッティング」を究極的に「楽」にさせ、映画ファンには「楽」しいコンテンツや機能を持つ「ソーシャルメディア」として、映画ファンのみならず、映画を楽しむすべての人に、満足してもらえるような存在に育てていきたい、と考えています。

Q6、これから「映画ランド」を利用するユーザーへ、メッセージをお願いします。

「映画ランド」は、映画館で映画鑑賞をする人におススメの映画アプリです。

これからも、映画ファンの皆さんの充実した映画ライフをサポートしていきますので、是非一度お試しいただき、よりよい映画ライフを送ってください!

映画ランド

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP