ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

途上国にきれいな水を!太陽パネルで発電する、塩水を飲み水に変える浄水装置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間が生きていくのに、水は欠かせない。われわれ先進国では、水道の蛇口をひねれば、きれいな水が出てくるのは当たり前かもしれない。だが、発展途上国においては、衛生的な飲み水の確保は、常に付きまとう重大な問題である。

塩水を、飲める水にする装置

「Desolenator」は、そんな国々の助けになろうと開発されたデバイス。塩水や汚れた水など、そのままでは飲めない水を飲めるようにしてくれる。しかも、誰にでも扱いやすく、移動可能なサイズで、デバイスを動作させるコストもほとんどかからないという。

太陽光エネルギーで動作

この「Desolenator」にはソーラーパネルが内蔵されていて、太陽光エネルギーで装置を動かし、水を煮沸して、きれいな飲み水に変える。デバイスにはタイヤが付いており、移動して用いることができるようになっている。丈夫で長持ちな設計になっており、約20年間使用できるという。

浄水にかかるコストも世界最低レベル

開発者によると、このサイズの浄水装置では、1リットルあたりの淡水化作業にかかるコストは、世界でも最安値レベルとのこと。なぜならこの装置は、フィルターを取り替える必要もなく、消耗品は不要だし、装置を動作させるのに、外部から電力やエネルギーを供給する必要もないのだ。

Indiegogoのキャンペーンはまもなく終了

人々の役に立つ、この素晴らしい「Desolenator」は、現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催中。すでに目標額の15万ドルを上回る資金を集めている。650ドルの寄付で、南インドやアフリカに装置を提供でき、479ドルで「Desolenator」本体を入手できるようだ。残り期間わずかなので、興味がある人は早めにチェックを。

Desolenator

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP