体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

究極の食べ放題!「すき焼おかわり自由」が素晴らしいと絶賛 / 人形町今半

imahan

すき焼き店『人形町今半』が、高級牛肉を使用した「すき焼きおかわり自由」を開催。普通ではありえない激安料金で提供したため、客が殺到したという。

・すき焼おかわり自由
あまりにも贅沢な「質と味」に、訪れた客たちが感動。その味の虜となり、夢のようなグルメ体験ができたという。実際どんな牛肉だったのか? 「すき焼おかわり自由」のようすをお伝えしたいと思う。

imahan16 imahan4

・2015年1月26日のみ開催
『人形町今半』の「すき焼きおかわり自由」は、2015年1月26日のみ開催された期間限定の企画。料金は8640~10800円で、店舗により異なる。この企画が開催されたのには理由がある。

imahan

・企画が開催された理由
明治5年1月24日、宮中にて明治天皇が1200年間禁止されていた牛肉を召し上がり、日本で牛肉文化が定着するきっかけになったという。『人形町今半』は、その日を牛肉記念日とし、「すき焼きおかわり自由」を開催したのだ。

imahan1 imahan8

・「かなりの霜降り」である
牛肉と野菜各種、そして生卵、ご飯などのおかわりが自由で、いくら食べても料金は同じ。牛肉は思ったよりも厚く、そして「かなりの霜降り」である。箸で牛肉をつまめば、その重量感に驚くほど重い。

imahan3

・香ばしい湯気が漂う
おかわり自由なのに絶対にケチらない、太っ腹な心意気を感じる。牛肉を鍋に入れると、ジュウウゥ~という音とともに香ばしい湯気が漂う。ほどよく焼けたら、身が硬くなる前に生卵に浸して食べる。

imahan7 imahan5

・今にも昇天しそうな旨味
これはウマイ! 肉厚で柔らかく、贅沢な霜降り牛肉を使用しいるため、食べ応え十分! 生卵のまろやかな風味が、牛肉と協奏して割した(タレ)の甘味を生かす。その牛肉をご飯に載せて食べれば、今にも昇天しそうな旨味が伝わる! たまらない!

1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。