体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、スマートフォン用ケースを3Dプリンタで作成して発送する新サービス「3D Print Lab」を1月27日より開始

KDDI が明日 1 月 27 日より 3D プリンタを用いて作成されるスマートフォンケースを注文できる新サービス「3D Print Lab」を個人向けに開始すると発表しました。3D Print Lab では、専用の WEB サイトで提供される対応機種ごとのベースデザインに、カラーリングや立体スタンプを選択して配置するだけでオリジナルのスマートフォンケースを作成できます。設計データを基に作成することはできない模様です。ケースの造形は、DMM.com が保有する粉末焼結積層造形式の 3D プリンタで行われます。3D プリンタを活用したことによってユーザーは内側までデザインできるなど、市販のスマートフォンケースよりもより多くの部分をデザインできるようになります。ケースを作成で機種は、au の Xperia UL / VL / ZL2 / Z1 / Z3、HTC J Butterfly、isai VL、iPhone 4S / iPhone 5 / iPhone 5s / iPhone 6、Firefox Fx0(2 月下旬より対応)です。料金は送料込みで 1 個 3,980 円+税で、注文後 2 週間程度で自宅に配達されることになっています。Source : KDDI

※auユーザー以外の方も利用可能なサービスです(15/01/26 ガジェ通編集部追記)


(juggly.cn)記事関連リンク
Framer for Android Wear : Android Wearスマートウッチのディスプレイを疑似的にラウンド型や円型などに変更できるアプリ
Opera Maxがアジア・アフリカなど21か国でも利用可能に
KDDI、「AQUOS SERIE mini SHV31」を1月29日に、ジュニア向けスマートフォン「miraie KYL23」を1月30日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会