ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『チャーリー・モルデカイ』L.A.プレミアが開催 愛娘はジョニデの新キャラに興味なし? 「父親は”変わり者”だと気付いたらしいんだ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現地時間1月21日(水)、ジョニー・デップを主演に迎えた痛快アクション・アドベンチャー『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2月6日日本公開)のL.A.プレミアが開催されました。

レッドカーペットには、“ちょびヒゲ”がトレードマークのインチキ美術商チャーリー・モルデカイ役を熱演したジョニー・デップを始め、そんな彼が愛するヒゲアレルギーの妻ジョアンナ役のグウィネス・パルトロー、ジョアンナを大学時代に取り合ったMI5の警部補マートランド役のユアン・マクレガー、チャーリーの最強の用心棒ジョック役を務めたポール・ベタニー、ヒゲ大好物なお色気女ジョージナ役のオリヴィア・マン、そして本作を手がけたデヴィッド・コープ監督らが豪華集結。

会場となった米ロサンゼルスの歴史ある劇場“TCLチャイニーズ・シアター”には、報道陣とファン1000名以上が参加し、キャラクターたちの絵画が設置されたレッドカーペットに熱い視線を送りました。


ジョニー・デップが『チャーリーとチョコレート工場』で演じた変人工場長のウィリー・ウォンカは、愛娘リリー・ローズと一緒に作り上げたキャラクターであることは有名な話。しかし今回の新キャラクターについては、「もう恥ずかしがってしまって、一緒にやってくれないんだよ(笑)。自分の父親は“変わり者”だと気付いたらしいんだ」と意外な秘話をカミングアウトしてくれました。


ピープル誌の2013年版“世界で最も美しい人”に選出されたこともあるグウィネス・パルトローは、太ももまでスリットが入った鮮やかなブルーのドレスで登場。デップとの共演については、「本当に面白い役よ。モルデカイの妻の役なんだけど、おかしなシーンが多くて笑いが止まらず、15テイクも撮った時があったわ。こんなに何テイクも撮るなんて、人生で初めてよ」と、自身も撮影を楽しんだ様子を明かしました。

『アイアンマン』では秘書ペッパー・ポッツ役でロバート・ダウニー・Jrとのコミカルな掛け合いが魅力的でしたが、笑いをこらえて撮影に挑んだジョニデとの共演シーンにも注目です。

1月27日(火)にはジャパンプレミアのための来日を予定しているジョニー・デップ。1年6か月ぶり11度目の来日で、日本中に“ちょびヒゲ”フィーバーを巻き起こしてくれそうです。

<ストーリー>
舞台はイギリス・オックスフォード。ゴヤの幻の名画「ウェリントン侯爵夫人」が、何者かに盗まれた。英国諜報機関MI5が捜索を依頼したのは、ちょびヒゲがトレードマークの怪しい美術商チャーリー・モルデカイ。彼の美人妻ジョアンナ(グウィネス・パルトロー)を大学時代に取り合った警部補マートランド(ユアン・マクレガー)も、嫌々ながら彼の知識と情報網に頼ることに。モルデカイは、最強の用心棒ジョック(ポール・ベタニー)を連れて、絵画を探す華麗なる冒険へ。しかし、その名画には、世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていた……!

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』L.A.プレミアイベント実施概要

日時:日本時間:1月22日(木)11時15分~/現地時間:1月21日(水)18時15分~
場所:TCLチャイニーズ・シアター(ロサンゼルス)
出席者:ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー、オリヴィア・マン、ポール・ベタニー、デヴィッド・コープ(監督)ほか

(C)Getty Images
(C) 2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP