ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 12に対応したMaterial Designのテーマパックが続々と公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenMod 12 で外観を変更できる「テーマエンジン」機能が刷新されたことを受けて、Android コミュニティでは CyanogenMod 12 に対応させたテーマパックが続々と公開されています。CyanogenMod のテーマエンジンとは、システム UI のカラーリング、ホーム画面の壁紙、ロック画面の壁紙、ブートアニメーション、フォント、アイコン、着信音、通知音、アラーム音をテーマパックの切り替え操作で一括または項目別に変更できる機能です。他社のテーマ機能よりもカスタマイズできる箇所が多い点が特徴だと言えます。CyanogenMod 12 は Android 5.0(Lollipop)ベースの ROM なので、デフォルトの UI も Material Design に変更されており、それに伴いテーマパックも Material Design が基本になっています。テーマエンジンの操作方法は CyanogenMod 11 変わらないのですが、変更後のデザインがこれまでよりも違うものになります。CyanogenMod 12 用のテーマパックは Google Play ストアなどで配信されており、他の Android アプリと同様に追加・削除できます。ここでは配信されているテーマパックのうち、3 つを紹介します。Dark Material Orange – CM12Elixium UIZenith


(juggly.cn)記事関連リンク
香港のSony Mobileが紫色にスポットをあてた公式動画を公開。「Xperia Z3」のパープルカラーの発売を予告?
HTC Butterfly 2用のTWRP 2.8がリリース
Google、「Google Play for Education」を英国でも開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP