体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【高松軍曹がいく!】サバゲーしようぜ! 導入編

DSC_0116

サバゲーブームが来たように感じる今日このごろ。
いつも行くサバイバルゲームフィールドの定例会にも初参加の人がたくさんいる。

近々サバゲーフィールドについての記事を書く予定なのでその導入として、今回はサバゲーを始めようと思っている人達に、サバゲーとは何なのか、どんな装備でサバゲーを行っているのかを紹介したいと思う。

サバゲーとは?

サバゲーとは、サバイバルゲームの略で簡単にいえば”戦争ごっこ”だ。
軍服に身を包んでチームに分かれて電動ガンを撃ちあう。
当たったら「ヒット!」と言って自ら判断して退場する必要がある。

ヒットしても無視してプレイを続ける行為を”ゾンビ”といい、即刻退場になったり、最悪、二度とそのフィールドでプレイできなくなるくらい厳しい処罰があるので、絶対にやってはいけない。

まあ処罰以前に、楽しくプレイするためにも”大人”としてそんなことはしちゃいけないけどな。

装備は?

さて、サバゲーは一体どのような装備でするのだろうか。

私を例に挙げて説明しよう。
「最近太ってきたから写真なんて上げられないよ」、なんて乙女心は残念ながら持ち合わせていないので、ひどい醜態をさらすはめになるかもしれないがご容赦を。
むしろ恥を晒すことで快感に浸ることが出来る変態なのだ。

さて、私の装備はこんな感じだ。

34890613_2080630947_131large

迷彩服に、ボディーアーマー、ヘルメット、電動ガン、ゴーグル。
最低限の装備、といった感じだ。

「え!? 始めるにはこんなに揃えなきゃいけないの!?」

大丈夫だ。ここまで揃えなくてもサバゲーは出来る。

大抵のサバゲーフィールドでは電動ガンをレンタルしているので、電動ガンやミリタリーグッズを持っていなくても、ジャージのような動きやすい格好で参加できるぞ。

ただし、早めに予約をしないとすぐになくなってしまうので要注意だ。

それでは、各装備を見ていこう。

ゴーグル

DSC_0145

 

これは絶対に必要だ。これがなければゲームに参加させてもらえない。

これもフィールドで銃と一緒に貸し出しているところもあるが、これくらいは自分にあったものを選んだほうがいいかもしれない。

フルフェイスと言って口の当たりまで防護してくれるものもある。

私はこのゴーグルをつけた上で、口元にはマフラーを巻いて防護している。

ヘルメット

DSC_0146

 

雰囲気を盛り上げるためにも身につけておきたい。

ただ、結構蒸れる。

迷彩服上下

DSC_0147
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy