体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ミュータント・タートルズ』はこうして作られた! サンフランシスコ「ILMスタジオ」訪問レポートVol.1

エンタメ 映画
ILM-PabloHelman+IMOCAP-TMNT-LC

『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ制作、ド派手でド迫力なアクション・アドベンチャー超大作『ミュータント・タートルズ』。筆者は昨年完成披露試写会で観てからというもの、出張先での飛行機でも2回観て、すっかりハマっているんですが、いよいよ2月7日と公開が迫ってきました!

犯罪組織からニューヨークの街を救うため、闇にまぎれて戦う“カメ”で“ニンジャ”な4人組ヒーローの活躍を描いた本作は、現在までに全世界で興行収入約4億7720万ドル(約568億円)を突破。すでに2016年の続編公開も決定し絶好調。とにかくアクションが大迫力で「カワバンガ!」な仕上がりとなっているのです。

本作のリアルかつダイナミックな映像を作りあげたのが、インダストリアル・ライト&マジック。通称「ILM」は、1975年、当時『スター・ウォーズ』を作ろうとしていたジョージ・ルーカスが設立したVFXスタジオ。

『スター・ウォーズ』はもちろん、これまでILMが制作した映画はというと、

『レイダース/失われたアーク』
『E.T.』
『ネバーエンディング・ストーリー』
『グーニーズ』
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
『トータル・リコール』
『フォレスト・ガンプ』
『ミッション:インポッシブル』
『ジュラシック・パーク』
『ハリー・ポッターと賢者の石』
『マトリックス』
『パイレーツ・オブ・カリビアン』
『トランスフォーマー』
『アイアンマン』
『アバター』
『パシフィック・リム』

……と時代を代表する傑作ぞろいなのだ! しかもこれ全部じゃないですからね! 『マスク』とか『ジュマンジ』とか『メン・イン・ブラック』とかもっともっとたくさんやってますからね! 黒沢明監督の『夢』も! 恐るべきスタジオですよ。

なんと、今回筆者はサンフランシスコに飛び、この輝かしき映画スタジオ「ILM」を見学させてもらったのです。『ミュータント・タートルズ』公開を記念して、3回に分けてレポートをお届けします。

DSC06986

「ILM」があるサンフランシスコは、現在大ヒット中の映画『ベイマックス』の舞台“サンフランソウキョウ”にも表現されている様に、坂道とバスが多い街です。

yoda_fountain_lndscp

スタジオの入り口ではヨーダがおでむかえ! ちなみに「ILM」の詳しい場所は非公開となっています。それは、映画の情報をいち早く知りたいファンがスタジオに来てしまうと困るから。時々、ヘリコプターを飛ばして上空から情報をキャッチしようと試みる人までいるそうですよ。さすが、アメリカ。スケールが大きいです。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会